鈴木京香 / 篠原哲雄

人物・団体ページへ

DVD

木曜組曲

鈴木京香 / 篠原哲雄

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCBJ1599
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
監督
:
追加情報
:
監督・篠原哲雄が語る“木曜組曲”、劇場予告編、木曜日のご馳走レシピ

商品説明

監督は『月とキャベツ』、『命』の篠原哲雄。誰もがヒロイン、誰もが犯人?計算しつくされ構築された原作はミステリーの枠を超えた気鋭の作家恩田陸。何度も驚かされ、心地よく裏切ってくれる。ヒロインたちには、日本を代表する女優たちが結集。鈴木京香、西田尚美、富田靖子、原田美枝子。『男はつらいよ』以来の映画出演となる大女優浅丘ルリ子の圧倒的存在感。そして、芸達者な女優たちの中、一歩も引かない演技を披露している歌手加藤登紀子。これら女優たちの織り成す時に洒脱、しかし息の詰まるような演技戦は見る者を圧巻し、あっと驚く結末までつかんで離さない。

収録時間:約113分

内容詳細

"木曜日が好き。
大人の時間が流れているから。
丁寧に作った焼き菓子の香りがするから。
木曜日が好き。
暖かい色のストールを掛けて、
お気に入りの本を読みながら
黙って椅子にもたれているような安堵を覚えるから―。

 4年前、謎の毒物死を遂げた耽美派大女流作家重松時子。
時子を偲び、毎年時子の館に集う絵里子、静子、尚美、つかさ、えい子の5人。彼女たちは、それぞれが時子の死に割り切れない思いを残していた。今年の偲ぶ会・・・いつものように集まる女たち。そこに謎の花束が届いた。
『皆様の罪を忘れないために、今日この場所に死者のための花を捧げます』
時子の死は""自殺""か""他殺""か?物書きを生業とする彼女たちはそれぞれに自分の推理を展開する。そしてたどりついた真相とは・・・。"

4年前、謎の薬物死を遂げた耽美派大女流作家・重松時子。時子を偲び、毎年、時子の館に集う5人の女たちの元に、謎の花束が届く。物書きを生業とする女たちはそれぞれに自分の推理を展開する……。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
サスペンスよりも全体を包む仄暗くミステリ...

投稿日:2007/01/06 (土)

サスペンスよりも全体を包む仄暗くミステリアスな雰囲気を味わう。鎌倉の山の中にある洋館が舞台というのもよい。人が去ったあとの柱時計だけが音を立てるようなしーんとした静けさや窓外のざわめく木立。作家の死を迎える瞬間の時子の慟哭など心に残る名演出。

NOBO さん | 東京都町田市 | 不明

0

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品