CD

黒い福音

金屬惠比須

基本情報

カタログNo
:
RWKY0009
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

前作「シン・紅葉狩」から1年。金属恵比須待望の新作は今しかできない最新の無観客ライヴ音源と新曲をカップリングした変則アルバムで登場!ハードロック系の楽曲を軸に構成された本作は、剥き出しのバンドの姿を捉えた特別な実況録音作品。


3曲の新録スタジオ曲と、9曲の無観客ライヴを収録した変則アルバム。全12曲の内4曲はアルバム初収録の新曲!(※2019年に角川書店ブックチャンネル(YouTube)で独占公開した『ルシファー・ストーン』も別バージョンで収録!!)スタジオ曲は3曲で栗谷によるクラシック・ギターの独奏「安土御殿の想い出」(新曲)で幕を開ける。続く「ルシファー・ストーン」(新曲)は別バージョンの新録。「鬼ヶ島」も1997年の最初期作品を新録。※限定盤LP『ハリガネムシのごとく』に収録されているものとは別バージョンで初代メンバー小島剛広が約20年ぶりに参加している。

プログレの聖地「吉祥寺シルバーエレファント」にて収録された無観客ライヴは9曲。ライヴに使用している登場音楽 映画『八つ墓村』より「呪われた血の終焉」を初収録!
「武田家滅亡」、「ハリガネムシ」とライヴの定番人気曲は、それぞれスタジオ盤よりも迫力のある演奏が愉しめる。アルバム・タイトル曲である新曲「黒い福音」は金属恵比須が新境地を開いた作品。松本清張の小説にインスパイアされた三部構成の即興演奏で、無観客ライヴという空間により本来無機質なはずのクラウトロックライクな音が、高密度の音塊となりアヴァンギャルドに鳴り響く、中間部は圧倒的に音数の多いプログレ・ナンバーであり、マスヒロによる激しいドラミングが圧巻。『武田家滅亡』収録のハード・ロック・ナンバー「罪つくりなひと」は新たなイントロを追加し、スタジオ盤とは趣の違う演奏に。

「蟬しぐれ」(新曲)は三島由紀夫『天人五衰』をテーマにした陰鬱なバラード・ナンバー。稲益による浮遊感のある歌声が終末を予感させる。「躑躅ヶ崎館」は『武田家滅亡』ではピアノ・ソロだったが、ライヴではメンバー全員による即興に。木のプログレらしいギター・ソロが往年のレジェンドの演奏を彷彿とさせる。金属恵比須には珍しく、明るくて清涼感のある曲として人気の「道連れ」(マスヒロ作品)は、天空を飛翔するかのような宮嶋のメロトロンが印象に残る。ライヴでのラスト・ナンバーといえば「イタコ」。荒々しい演奏がそのまま収録されている。

メンバー:
稲益宏美 ヴォーカル
栗谷秀貴 ベース、クラシック・ギター
後藤マスヒロ ドラム(元・頭脳警察、人間椅子)
木大地 ギター、キーボード
宮嶋健一 キーボード

<特別ゲスト>小島剛広 ベース

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ダミアン浜田によるD.H.Cにも参加するプログレッシヴロック・バンドの2020年11月発表のアルバム。3曲の新録スタジオ音源と9曲の無観客ライヴ音源を収めた変則盤で、「安土御殿の想い出」など4曲は新曲となっている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

スタジオ収録

  • 01. 安土御殿の想い出
  • 02. ルシファー・ストーン
  • 03. 鬼ヶ島

LIVE at Kichijoji

  • 04. 登場音楽:映画『八つ墓村』より「呪われた血の終焉」
  • 05. 武田家滅亡
  • 06. ハリガネムシ
  • 07. Kい福音
  • 08. 罪つくりなひと
  • 09. 蟬しぐれ
  • 10. 躑躅ヶ崎館
  • 11. 道連れ
  • 12. イタコ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品