CD

武田家滅亡

金屬惠比須

基本情報

カタログNo
:
RWKY0007
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

金属恵比須、4年ぶりのフル・アルバム!
人気歴史小説とのサントラ的コラボによる大作組曲と、懐かしくもあり、新しくもあるカラフルな楽曲群の後半という異色の2部構成作品が堂々完成!

<メンバー>
稲益宏美 ヴォーカル
栗谷秀貴 ベース
後藤マスヒロ ドラム(元・頭脳警察、人間椅子)
木大地 ギター
宮嶋健一 キーボード

<プロフィール>
金属恵比須(きんぞくえびす)
1996年結成のプログレッシヴ・ロック・バンド。70年代ブリティッシュ・ロックを正統的に継承し、横溝正史や三島由紀夫らの日本文学の世界観で表現する。2006年、世界最大のプログレフェス「Baja Prog」に日本代表で出演。2015年には元・頭脳警察・人間椅子の後藤マスヒロが加入。著名人にファンが多く、特に俳優の嶋政宏氏が熱烈的に応援。2015年、NHK-FM『今日は1日プログレ三昧』で代表曲「紅葉狩」がオンエアされるや、Amazonなどで一斉に欠品状態となる。2016年、『タモリ倶楽部』で嶋氏が激オシしてタモリ氏を呆然とさせる。2017年6月『Love Music』でも取り上げられ、森高千里氏らを圧倒。2018年には、歴史番組に多数出演している直木賞候補作家・伊東潤氏が作詞で参加し、コラボレーション・アルバム『武田家滅亡』を発表。代表作は『ハリガネムシ』『阿修羅のごとく』。


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

96年から活動しているプログレ・バンドが伊東 潤の同名小説を音楽化した“サントラ”。80年代以降も含むキング・クリムゾンにニューロシスなどのポスト・メタルが混ざったようなサウンドだが、女性ヴォーカルが歌う日本語の響きや侘び寂びの旋律も相まって、和のしっとりした味わいが染みる。新鮮だ。(行)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 新府城
  • 02. 武田家滅亡
  • 03. 桂
  • 04. 勝頼
  • 05. 内膳
  • 06. 躑躅ヶ崎館
  • 07. 天目山
  • 08. 道連れ
  • 09. 罪つくりなひと
  • 10. 大澤侯爵家の崩壊
  • 11. 月澹荘綺譚

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品