あの頃の「火口のふたり」

野村佐紀子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028156
ISBN 10 : 4309028152
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
120p;19

内容詳細

モノクロームのアルバムが過去へと誘うもうひとつの「火口のふたり」。書下ろし短篇小説「俺はマジで思う。」収録。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はな さん

    解説より いかに生きるか問うテーマということに納得。映画では賢治を柄本佑が演じているがなんとも言えないいい味を出していた。2人にしかわかり合えない、共感は難しい内容であったが短い作品なのでサクッと読めた。

  • たつ さん

    従兄弟同士が昔から付き合い、結婚を前に再開 富士山の火口の写真を見ながら、ふける

  • み さん

    いとこ同士でそんなことある!?

  • キタハチ さん

    紙書籍にて。モノクロの写真が美しい。

  • スギヒロ さん

    C

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品