野口悠紀雄の経済データ分析講座 企業の利益が増えても、なぜ賃金は上がらないのか?

野口悠紀雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478109403
ISBN 10 : 4478109400
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
264p;19

内容詳細

統計データから、政府やメディアの情報ではわからない真実が明らかに。

目次 : 第1章 企業利益が増えたのはなぜか?―3つのステップで企業利益の動向を理解しよう/ 第2章 新しい二重構造が発生している―3つのステップで日本企業の業績動向を理解しよう/ 第3章 なぜ賃金が上がらないのか?―3つのステップで賃金が上がらないメカニズムを理解しよう/ 第4章 低賃金にあえぐ家計の実態―3つのステップで賃金格差や非正規雇用の実態を理解しよう/ 第5章 日本の将来を担う産業は何か?―3つのステップで日米経済構造の違いを理解しよう/ 第6章 金融政策を検証しよう―3つのステップで金融政策の効果を理解しよう/ 第7章 カネ余りのために金融緩和が効かなかった―3つのステップで「カネ余り現象」を理解しよう/ 第8章 統計不正問題とは何だったのか?―3つのステップで「統計不正問題」を理解しよう/ 第9章 日本経済をデータで探る

【著者紹介】
野口悠紀雄 : 1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2017年9月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    韓国の1人当たりGDPは、00年代初めには日本の3割程度でしかなかったが、00年代の半ばには50%を超えた。その後、08年には、リーマンショックの影響で、日本との格差が開いた。しかし、12年頃から、韓国の1人当たりGDPは再び日本に近づいている。18年に8割をこえた。IMF(国際通貨基金)の推計では、23年には日本の85%になる。韓国の最低賃金は、すでに日本より高くなっている。2040年には韓国が日本より豊かな国になる

  • Takeya さん

    ・売り上げが伸びないのに、利益が増えたカラクリ ・雇用が増えたのに、世帯収入は増えない理由 ・金融緩和政策が効かないメカニズムetc. 統計データから、政府やメディアの情報ではわからない真実が明らかに ◆野口教授が教える経済データ活用ガイド ◆3つのステップで日本経済が分析できる! 日本経済の問題点を探りながら、経済を分析するための思考法が身につく。 どこにどんなデータがあるのかといった初歩的なことから、 実際にどのデータを使えば分析できるのかという具体的な手法まで

  • まゆまゆ さん

    アベノミクスが始まった2012年以降企業利益は増加しているが、その理由は売上増加ではなく原油価格低下による原価の価格低下と人件費圧縮の結果であることを、データを元に紹介していく内容。賃金が上昇しないのは非正規といった賃金の低い雇用者が増加しているせいだが、その要因は小企業からの大中企業への雇用吸収が背景とされる。かつての企業規模や業種による賃金の二重構造が今の日本において復活しているようだ、と。

  • Tasuku Kinjo さん

    経済解説書としても、分析入門書としても中途半端以下

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

野口悠紀雄

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業。64年大蔵省入省。72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2017年9月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問。一橋大学名誉教授

プロフィール詳細へ

野口悠紀雄に関連するトピックス

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品