傭兵の男が女神と呼ばれる世界

野原耳子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784434278754
ISBN 10 : 4434278754
フォーマット
出版社
発行年月
2020年09月
日本
追加情報
:
304p;19

内容詳細

フリーの傭兵として働く37歳の雄一郎はゲリラ戦中、手榴弾の爆撃に吹き飛ばされ意識を失い、気が付くと、見知らぬ世界にいた。その世界では現在、王位を争って王子達が内乱を起こしているという。どうやら雄一郎は、“正しき王”である少年を助け国を救うために“女神”として呼び出されたようだ。おっさんである自分が女神!?その上、元の世界に帰るためには、王の子供を産まなくてはならないって!?うんざりする雄一郎だったが、金銭を対価に異世界の戦争に加わることになり―

【著者紹介】
野原耳子 : 2019年よりAmazon KindleにてBL小説・文芸小説の個人出版を行う。「37歳のオッサンが戦場で女神と呼ばれる世界(原題)」にて「第7回BL小説大賞」の奨励賞を受賞し、出版に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みやこ さん

    戦場を渡り歩く傭兵が「女神」として飛ばされた異世界で、王位を巡る骨肉の争いに巻き込まれる。彼の周りに集うのは、諸事情を抱えた一癖ある男たち。彼らが戦う理由は、自らに与えられた役割と使命、そして私怨の為。正義を振り翳さないところが潔い。そして、闘い方を熟知している男が率いるガチンコで容赦ない戦闘描写にのめりこむ。そんな彼が選択した手段でしかないセックスが男前。だけど。絡み合う三人が覗かせる心情にそれぞれの心の傷が滲む。内乱は収まってないし、何より彼らが作る世界を私も見たい。だから是非続刊を出してください!→

  • pincle さん

    巻数ついてないけど続き物。37歳のオッサン傭兵が異世界に女神として召喚される。いま起きてる内乱(クーデター?)に勝ち、かつ、成人しているらしいが少年にしか見えない王の子を産まなければ元の世界に帰れないらしい。重たい内容だけどおもしろい。カップリングは表紙の通り。

  • とし さん

    異世界転生物ですな。みな、心に闇を抱えているような。がっちり戦闘、がっちりエロ。これはここでは終わらないはず。まだ世界観に入り込んだだけ。次巻を待つ。

  • エミー さん

    これ、続刊はいつ出るのかな? いいところで終わっている。この後どうなったのか知りたい。読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

野原耳子

2019年よりAmazon KindleにてBL小説・文芸小説の個人出版を行う。「37歳のオッサンが戦場で女神と呼ばれる世界(原題)」にて「第7回BL小説大賞」の奨励賞を受賞し、出版に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品