栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人

里中高志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152098658
ISBN 10 : 4152098651
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
384p;20

内容詳細

栗本薫と中島梓、二つの名前を持ち、作家・評論家・演出家・音楽家など、才能を自在に操り多くの人たちに感動を与える稀有な存在でありながら、ついに自身の心理的葛藤による苦悩から逃れることはできなかった人。その生涯を関係者への取材と著作から検証する。

目次 : 序章 移りゆく時/ 第1章 父と母/ 第2章 物語る少女(〇歳〜十二歳)/ 第3章 才能の萌芽(十二歳〜十八歳)/ 第4章 青春の熱情(十八歳〜二十二歳)/ 第5章 無名から有名へ(二十三歳〜二十四歳)/ 第6章 狂乱の季節(二十四歳〜二十五歳)/ 第7章 “グイン・サーガ”の誕生(二十五歳〜三十一歳)/ 第8章 舞台と小説と(三十一歳〜四十四歳)/ 第9章 メメント・モリ(四十五歳〜五十六歳)/ エピローグ 物語は終わらない

【著者紹介】
里中高志 : 1977年埼玉県生まれ、東京都育ち。早稲田大学第一文学部卒業。フリージャーナリスト。メンタルヘルスや宗教をはじめ、さまざまな分野で取材活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    長年『グイン・サーガ』を読み続けてきた読者には、思い当たる人も多いだろう。あとがきで、作品の内容以上に執筆量への言及が増えていったことを。一日で百枚を書いただとか、毎月『グイン』の新刊が出ることを月刊グインと呼称したりだとか、とにかくたくさん書くことにこそ意味があるといった、そんな印象を受けたものだ。ファンとしては、栗本薫の新作を多く読める喜びがある反面、書き飛ばすことで質が低下していく危惧が常にあった。刊行ペースが早くなる毎に、『グイン』のストーリー展開はゆるやかになり、(つづく)

  • 水無月 さん

    実は栗本薫のものは殆ど読んでなくて中島梓のみ読んでいた。グインサーガは書店で平積みされているのを見てこれを貪り読めるように早くなりたい(その頃色々余裕がなかったので)と溜息ついただけだった。小説はダメでも過剰で饒舌、時に辛辣なエッセイは好きだったし、溢れ出す多彩な才能は憧れの対象だった。正直、HPなどの趣味は良くなかったが、いつまでも少女だからあんなに書けるのかなと思っていた。この評伝でご両親や少女時代の事を知ることができて嬉しい。舞台はともかく、彼女の歌やジャズピアノは聴いてみたかった。

  • 鈴木拓 さん

    やっぱり栗本薫・中島梓という人と、表現してきた世界が大好きです。最期の瞬間まで書き続けた天才は、素敵な人々に囲まれながらも、強い孤独と葛藤していたのかもしれません。読了し、先生がもうこの世にいない寂しさを感じました。

  • まさゆい さん

    若い頃に夢中になって読んだ作家さん。グイン・サーガの50巻記念?のイベントにも行ったなー。ホント小柄で可愛らしくてエネルギッシュな感じだった。舞台へののめり込みとやおいにちょっとずつついて行けなくなったんだよね。もっとグインをすすめて欲しかった。でもご本人には全部必要だったんだろうな。

  • パトラッシュ さん

    生前の栗本薫さんを一度だけサイン会で見かけた。あの小柄な人が巨大な叙事詩の作者とは信じられなかったが、その中に本人も抑えられない「物語を語りたい」エネルギーがあふれていたことを本書は教えてくれる。書き、芝居をつくり、作曲し、ライブを開き、子育てし、他人の作品を添削し、夫婦喧嘩をする。なぜそこまで生き急いだのか。「神様の祝福を独り占めしたような彼女でした。だから早くに召されたのでしょうか」という友人の追悼文が胸に迫る。私も参加した九段会館でのお別れの会から10年もたっていたなんて信じられない。信じたくない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品