私は昨日まで日本を愛していた

里中李生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781620152
ISBN 10 : 4781620159
フォーマット
発行年月
2021年10月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

人を大切にする者だけが救われる。孤高の作家が、今、説く。国の汚さとこれからの希望。

目次 : 第1章 行き詰まる、国(苦しむ国民にお金を渡したくない国/ 人の夢に優劣を付ける国/ バカな方策で国民を犠牲にする国 ほか)/ 第2章 絶望的な、日本の民度(子供にキラキラネームを付ける人たち/ 新型コロナ禍に感染対策をしない人たち/ 陰謀論を信じ込む人たち ほか)/ 第3章 あなたたちは、幸せになれる(あなたたちはまだ若い/ 日本と日本人の良いところ/ 危機管理能力を持て ほか)

【著者紹介】
里中李生 : 三重県生まれ。作家、エッセイスト。20歳の頃に上京し、30歳から写真家、フリーライターを経て作家活動を始める。時代に流されない、物事の本質を突いた辛口な自己啓発論、仕事論、恋愛論を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

里中李生

三重県生まれ。作家、エッセイスト。20歳の頃に上京し、30歳から写真家、フリーライターを経て作家活動を始める。時代に流されない、物事の本質を突いた辛口な自己啓発論、仕事論、恋愛論を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品