ビートルズの真実

里中哲彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122060562
ISBN 10 : 4122060567
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
573p;16

内容詳細

史上最高の音楽グループ、ビートルズ。噂、神話、をかき分け、関係者に話を聞き、本当の姿を描き出す。ビートルズが帰って来る ヤア! ヤア! ヤア!

【著者紹介】
里中哲彦 : 1959年、静岡県生まれ。早稲田大学政経学部中退。河合塾英語科専任講師、河合文化教育研究所研究員、翻訳家

遠山修司 : 1970年、愛知県生まれ。ロンドン在住。ロンドンに空手道場(極真空手)を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ビートルズ好きのビートルズ話は面白い。(...

投稿日:2014/12/22 (月)

ビートルズ好きのビートルズ話は面白い。(たまにハズレも有るが・・・)文字数たっぷりのビートルズ本を堪能したかったので、楽しみ。

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナカダマサトウ さん

    、ファンブック的なノリかなと思って気軽に読みだしたら、イギリスの「三角貿易政策」によってミクスチャーされていく音楽の変遷、ビートルズというバンドを生み出した英国随一の港町リヴァプールの特性、さらには労働者階級特有の文法訛りにまで言及されていて、「ノラ・ジョーンズってラビ・シャンカールの娘だったのか」程度に驚く新参者には少しカタイくらいのガチ、ビートルズ論が網羅されていて文庫としては驚く情報量、ただ、「これくらいは知ってるよね」的なマニア目線には少しイライラ、まだビートルズは厳然として生きている、、、

  • 馨 さん

    ビートルズ話の他リヴァプールの歴史文化も学べました。ロックを通じ出会い、兵役廃止でビートルズ活動が出来、世界的バンドとなる。1つ違ってもビートルズは存在しなかった。4人の悪い所、ショッキングな事実もアリ。最初が仲良しすぎて解散前の不和、解散後の個々の話は悲しい。ヨーコとジョンの交際も聞いてきた内容(ジョンがヨーコに最初から惚れた)と事実は違っていて驚愕。4人其々、ビートルズについて嫌な過去があるようだが私はリアルタイムではないがジョン除き同じ時間を生きられ本当に良かった。

  • ペルー さん

    ガシガシ読みました。今年公開の映画を見て、ビートルズのコンサート活動の事はちょっとわかっていたけど、リバプールやハンブルグ時代のこと、またメンバーの生い立ちとか全然知らななくて。その辺りが厚く語られていたので、とても満足。ハンブルグ時代が彼らのパフォーマンスを磨いたんだなぁ。それからジョンはとってもお坊ちゃんで、ミミ伯母さんに育てられ、エキセントリックな人だったんだ(@_@) ポールは勉強もできる、友達も多い優等生だったとか、色々興味深かった。ヨーコとの出会いもなども、成程なぁって。解散のいきさつも→

  • たかしくん さん

    現段階で出版されている数多くのビートルズの本の中で、これが最も内容のぎっしりと詰まって、かつ、最近になって分かったことも盛り込まれている著作ではないでしょうか。独善的ながらオーラが半端でないジョン、合理的で賢くかつ抜け目のないポール、独特の気難しさが才能の発揮を邪魔している感のあるジョージらの一方で、癒しキャラ満載のリンゴ。ビートルズファンを自認す私でも知らないエピソードが数々ありました。終盤は、彼らの「下半身事情」の話ですが、まあ推して知るべし!?

  • balthazar さん

    文庫本にしてはエピソード満載でとても面白く読めるし、語り口も平易で読みやすい。メンバーの生い立ち、デビュー前のリヴァプール時代、なども良くここまで調べたなあ、と感心するくらい濃い内容。レコーディングに関する話は少ないが、それはレコーディングに関する文献を見るべし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド