国家戦略特区の正体 外資に売られる日本 集英社新書

郭洋春

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208207
ISBN 10 : 4087208206
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
郭洋春 ,  
追加情報
:
201p;18

内容詳細

世界的デザイナー×超人気漫画『暗殺教室』作者
自分の弱点を認めた人は強い!

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー達人達」で反響を呼んだ逆転の仕事論。
新たな対談を加えた完全版!

【内容紹介】
コミックスの売上が累計2千万部を超える『暗殺教室』の漫画家、松井優征。デザインオフィスnendoを率い、プロダクトから建築まで、デザイナーとして世界的に高い評価を集める佐藤オオキ。
「ものづくりに関して考えることが、ほとんど共通している」という二人のクリエイターの対話から明らかになる、創作活動でのひらめきの法則と、仕事や人生における問題解決のスキルとは?
「才能」ではなく、自分の「弱さ」を自覚することから始まる、あらゆる職業に通じる驚きの仕事論。


【著者略歴】
松井優征[まつい ゆうせい]
1979年埼玉県生まれ。漫画家。2005年、「週刊少年ジャンプ」誌にて『魔人探偵脳噛ネウロ』(全23巻/ジャンプ・コミックス)で連載デビュー。
2012年より同誌で連載を開始した『暗殺教室』(1〜18巻。続刊/ジャンプ・コミックス)はTVアニメ化、実写映画化される大ヒット作品となる。

佐藤オオキ[さとう おおき]
1977年カナダ生まれ。デザイナー。デザインオフィスnendo代表。早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年同大学大学院修了。2012年EDIDAデザイナー・オブ・ザ・イヤー等受賞多数。
著書に『ネンドノカンド』(小学館)、『問題解決ラボ』(ダイヤモンド社)、共著に『ウラからのぞけばオモテが見える』(日経BP社)など。


【著者紹介】
郭洋春 : 立教大学経済学部教授。専門は開発経済学。1959年千葉県生まれ。1983年法政大学経済学部卒業。1988年立教大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学。1994年立教大学経済学部経済学科助教授。2001年より同大教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • skunk_c さん

    同世代の経済学者による警世の書。国家戦略特区やTPPの危険性については堤果歩氏など多くの書物で指摘されているが、開発経済の専門家が本来の「経済特区」が自由貿易地域に代表される途上国の経済発展のための外資導入だったことから、今の日本にそれが必要かと根本的な疑問を呈す。安倍首相の言う「岩盤規制に穴をあけるドリル」とは日教組・連合などの民主党支持基盤の切り崩しという指摘には同感。そもそも日本が目指すべきは成長や拡大ではなく成熟した安定社会との考えは全くその通り。ただし観光がその切り札になるかは疑問だが。

  • ケイ さん

    そもそも日本のように成熟した国家に戦略特区が必要なのか? この疑問は以前からあったので、この本を読んで理解が深まりました。あの中国でも韓国でも失敗、そしてカンボジアで成功したのには理由があったのですね。「特定秘密保護法案」採決で紛糾してたさなか、ちゃっかり通っていたという立法にも怖い所があります……。外資の好き勝手にさせてはいけませんね。この法案には反対です。

  • hk さん

    2013年12月、特定秘密保護法案をめぐり世論が紛糾するなか、ある法案が議会であっさりと可決された。その重要法案こそが本書のテーマとなる「国家戦略特区法案」だ。 経済特区というものは原則として発展途上国が外資を呼び寄せるための政策であり、成熟した国家経済には則さない。また地方と都市の経済格差の顕在化をうけて地方創生がかしましく喧伝される中で、都市部への選択と集中を増長する国家戦略特区政策を打ち出すのは、あたかもアクセルとブレーキを同時に踏み込むような愚挙ではないか。などなど肯かされる内容が多分にあった。

  • くものすけ さん

    この特区構想もアメリカ追随のとんでも施策の一つじゃないのか?確かに昔の中国などでは外資の導入の為に特区が作られ大成功を収めた。深圳などは最たるもの。 日本に外資導入は言われてみれば全く不要である。特区の設定の真の目的を国民に明らかにするべきだと思う。安倍首相は日本国民の為の政治のかじ取りを本気でしているのだろうか?

  • Hisashi Tokunaga さん

    加計問題への関心から手にして読んだ。広島県ー今治市って特区エリアは先ずはしまなみ海道繋がりで、本四架橋の因縁なんでしょうね?橋の採算問題は両地域には間接的にかかわってるのかな?とにかく特区は日米にとってのお約束事だという点を押さえておきたい。特区の憲法第95条との整合性は言われるまでもなく課題だけど、地方自治って何かを抜きには前に進まない。私の理解では、特区って新たな政治利権の大きな産みの卵って感じです。アベノミクスって所詮そんなところって感じです。この著作から加計問題に直接得られる情報は少なかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • LGBT×家族のカタチ 国会議員の「生産性がない」発言や、『新潮45』の記事などで議論を巻き起こしたLGBT当事者が語る家族とは?」「幸せと... |2018年11月12日 (月) 16:12
    LGBT×家族のカタチ
  • スッキリ中国論 スジの日本、量の中国 「日本人と中国人の間には誤解が多い。お互いが相違点を理解し一緒に仕事をすれば必ずWin-Winの関係になるためには−... |2018年11月12日 (月) 16:12
    スッキリ中国論 スジの日本、量の中国
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実

おすすめの商品