海と毒薬 講談社文庫

遠藤周作

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062769259
ISBN 10 : 4062769255
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
15cm,229p

内容詳細

生きたままの人間を解剖する―戦争末期、九州大学附属病院で実際に起こった米軍舗虜に対する残虐行為に参加したのは、医学部助手の小心な青年だった。彼に人間としての良心はなかったのか?神を持たない日本人にとっての“罪の意識”“倫理”とはなにかを根源的に問いかける不朽の長編。

【著者紹介】
遠藤周作 : 1923年東京都生まれ。1948年慶應義塾大学仏文科卒業。1950年カトリック留学生として、戦後日本人初めての渡仏、リヨン大に学ぶ。1955年『白い人』で第33回芥川賞受賞。1958年『海と毒薬』で新潮社文学賞・毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、1980年『侍』で野間文芸賞、1994年『深い河』で毎日芸術賞を受賞。また狐狸庵山人の別号をもち、「ぐうたら」シリーズでシャレ、ユーモア作家としても一世を風靡する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
彼の文庫で絶対に読んでおきたい3作品、「...

投稿日:2021/04/10 (土)

彼の文庫で絶対に読んでおきたい3作品、「白い人 黄色い人」「沈黙」そして本作である。太平洋戦争中の混乱の中、実際に起こった捕虜を生きたまま解剖する人体実験。それにかかわった様々な人々の葛藤と狂気を描く。自分がもしその立場だったらと考えずにはいられない作品。

アヒル交響曲 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
捕虜を使った人体実験という実話を基にした...

投稿日:2021/04/10 (土)

捕虜を使った人体実験という実話を基にした衝撃的な小説。戦争が恐ろしいのでは無くて人間が恐ろしいのだという事実をまざまざと見せつけられます。

ゆめゆめゆめ さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むーちゃん さん

    もっと残虐な描写等あるかと思いましたが、そこまでではなかった。「沈黙」読了後だからなのかなと。倫理観等が麻痺したこと、日常的に死になれすぎたこと、宗教感の欠如、いろいろ考えさせられました。 続編がありそうな終わり方で、ちょっともの足りませんでした。

  • rico さん

    捕虜生体解剖事件を通じて神を持たない日本人の「良心」の有り様を問う問題作、というのが本作の一般的評価だろう。保身と出世に走る上司、サイコパス的同僚、信仰の下迷いのない女性などの存在が、逡巡しつつも流されていく主人公の根無し草的心性の危うさを際立てさせる。だがどうだろう。よって立つもの自体が誤っていたら?有史以来どれだけ多くの命が神の名のもとに失われたか。命を救うべき医者の故の罪深さ。そうかもしれない。だが空襲や原爆で焼き殺すのと、切り刻んで死に至らしめるのと、どこが違うのか。わからなくなる。

  • やいっち さん

    過日、石井部隊関連の本(青木 冨貴子著『731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』)を読んで、本書のことを知った。知ってはいたが、題名だけ。「九州大学附属病院で実際に起こった米軍舗虜に対する残虐行為」を巡る本とは知らなかった。本書が刊行されたのは、一九五八年。当時は日本人にはあまり知られていなかった陰惨な事件を世に知らしめた小説で、衝撃的だったようだ。

  • ★Masako★ さん

    ★★★✰︎これはかなり重かった…。戦争末期、実際にあった九州大学附属病院での米軍捕虜への生体解剖事件を題材に、罪の意識とは良心とは?を宗教的な面から問いかける。「みんな死んでいく時代やで。病院で死なん奴は毎晩空襲で死ぬんや」死が身近にあり、どうせ死ぬなら医学の為にと、私利私欲を絡めつつ患者や捕虜を実験台にする医師たち。生体解剖に笑いながら立ち会う軍人…。宗教云々というより、やはり戦時という特殊な状況が、良心も罪の意識も飲み込んでしまったような気がする。悩み苦しみ疲弊していく研究生・勝呂の姿が痛々しい。

  • ケンイチミズバ さん

    人間は神ではない。理由があれば殺してよいと判断できるのでしょうか。良心の呵責とは神に向けた心の迷いや動揺なのでしょう。無差別爆撃を行ったB29搭乗員捕虜はどうせ処刑されるのだから。医学の進歩のため、学部長選挙で軍部の応援は票に繋がる、むしゃくしゃしていた、どうせ戦争で日本はなくなる、自分にはない女の幸せに輝く人を苦しめたかった、医師や助手、看護婦一人一人の言い訳がおぞましい。生体解剖されることを知らない米兵は検査だと信じベッドに横たわるが、麻酔をかけられ抵抗する。全員で抑え込み眠らせた。殺人に違いない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

遠藤周作

1923年東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒。学生時代から「三田文学」にエッセイや評論を発表。55年『白い人』で芥川賞、66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞受賞。95年文化勲章受章。96年9月、逝去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品