コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ

遠山功

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106525
ISBN 10 : 4478106525
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
184p;21

内容詳細

あなたの目の前にあるデータからも金脈はきっと見つかる
さまざまなビジネスの現場で経営革新を実現してきたデータストラテジストが、その手の内をいますべて明かします
表計算ソフトと格闘しているあなた、それでは結論は見つかりませんよ

【著者紹介】
遠山功 : 1977年東京都生まれ。小学生の頃からプログラミングを学び、2000年の東京電機大学卒業までには多数のプログラミング言語を習得。システム開発会社、データベースマーケティング支援会社を経て、2005年有限会社アイウェイズ(アイウェイズコンサルティングを経て現INSIGHT LAB株式会社)を設立。現在、同社代表取締役CEO。ビジネスアナリティクス業界に15年以上従事し豊富な経験を有する。PMP(米国プロジェクトマネジメント協会認定)、ITコーディネータ(経済産業省推進資格)、数学教員免許、ITILなどの資格を持つ。社会貢献としてキッズプログラミングスクール、障がい者向けの就労支援施設を設立、2013年より東京電機大学非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蒼1228 さん

    図書館。キャッチーなタイトルに惹かれたけれど、実際はデータ分析の手法の紹介にとどまっている部分が多く、実際どうやったらできるのかまで踏み込んでくれるとよかった。

  • ナルップ さん

    ビッグデータが本格的に活用される時代がきている。ビッグデータを縦横にいじくって何らかの示唆を得るにはBiツールが便利である。 Biツールを触り始めた人にとっての入門書のような本。押さえるべきポイントと視点を獲得するためのヒントが得られる。ビッグデータの活用例がBiツールを触る人視点で読める。 門外漢はタイトル買いすべきではない。 本書の内容とは関係無いのだが、音読してみるとなかなかリズム良く読める。例の挟み込みや文章の組立が上手だ。タイトルに騙されて手にした門外漢は是非音読してみてほしい。

  • susunu1 さん

    ビッグデータ解析が社会・企業にどう貢献するか具体的にわかる。カワイイをマシンに学習させる手法は「教師データあり」で行う。服飾系専門学生が商品画像1点1点に対して、タグをつける。カワイイ、ガーリー、フェミニン、とろみ(?)、もこもこ、モード、パーティ・・・さらに年齢別に行う。20代と40代のカワイイは違う。各タグがポジティブ1、ネガティブ0、ニュートラル0.5。これで商品は数値化できた。あとはマシンが画像解析して、自動的にタグ付けしてくれる。これがブランド特徴分析、広告、カタログ、流行の数値化に役立つのだ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

遠山功

1977年東京都生まれ。小学生の頃からプログラミングを学び、2000年の東京電機大学卒業までには多数のプログラミング言語を習得。システム開発会社、データベースマーケティング支援会社を経て、2005年有限会社アイウェイズ(アイウェイズコンサルティングを経て現INSIGHT LAB株式会社)を設立。現在

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品