いけない

道尾秀介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163910512
ISBN 10 : 4163910514
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
251p;20

内容詳細

騙されては、いけない。けれど絶対、あなたも騙される。

『向日葵の咲かない夏』の原点に回帰しつつ、驚愕度・完成度を大幅更新する衝撃のミステリー!

第1章「弓投げの崖を見てはいけない」
自殺の名所付近のトンネルで起きた交通事故が、殺人の連鎖を招く。
第2章その話を聞かせてはいけない」
友達のいない少年が目撃した殺人現場は本物か? 偽物か?
第3章「絵の謎に気づいてはいけない」
宗教団体の幹部女性が死体で発見された。先輩刑事は後輩を導き捜査を進めるが。

どの章にも、最後の1ページを捲ると物語ががらりと変貌するトリックが……!
ラストページの後に再読すると物語に隠された本当の真相≠ェ浮かび上がる超絶技巧。
さらに終章「街の平和を信じてはいけない」を読み終えると、これまでの物語すべてがが絡み合い、さらなる真実≠ノ辿り着く大仕掛けが待ち受ける。

「ここ分かった!?」と読み終えたら感想戦したくなること必至の、体験型ミステリー小説。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    道尾 秀介は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。厭謎ミス連作短編集、雰囲気は楽しめましたが、完全に理解出来ていません。再読しないと『いけない』⇒原則再読しません。オススメは、『その話を聞かせてはいけない』でした。『馬珂』という名前は、日本社会で非常に生き辛い名前です。

  • まるけん さん

    『いけない』。まさにイケませんでしたぁ。気持ちよく。時間をかけすぎて細かな記憶が繋がらなかったのかな…。全ての物語が繋がっているのは分かりました。アノ狭いエリアの出来事なのもわかりました。平和が一番なのも分かりました。でもスッキリしなかったぁぁぁっ。またいつか最初から読んでみます。やっぱ読書は『入り込まないと』ですねぇ。中途ハンパな入り方じゃねぇ、奥さん。それはさておき、次は久々の奥田さん、『沈黙の町で』。次はガンガンいきまっせ。

  • 黒猫 さん

    ああ好きだ。仕事の外回り中にサボってこっそり本を読む時よりも、猫のお腹にもふもふ顔を埋めて手加減のない連続キックを喰らう時よりも、本作「いけない」が好きだ。まるで難易度の高いパズルに挑むかのような謎解きの快感がぞくぞくと骨の髄から湧きあがり、神経細胞を伝って頭の芯まで痺れさせてくる。これほど巧妙な謎を散りばめるだけで明らかなる天才なのに、著者が紡ぎ出す文章がそれはもううっとりするほど美しく、危ない薬に手を出してしまったかのように恍惚としてしまう。あまりに強烈な中毒性に人の道を外してしまいそうだ…いけない。

  • bunmei さん

    一つ一つの事件にかかわる人々が絡み合い、最後の章で全てを回収していく、道尾秀介さん得意の連作サスペンス。自殺の名所『弓投げ崖』での交通事故をベースにしながら、別々の事件が展開し、3章までは❓が残ると思います。しかし、その各章の終わりに掲載れている1枚の写真こそが、本編の謎解きのヒントになっているので、見落としにご用心!まんまと筆者に騙されていたことに気づかされ、4章に繋がります。多分、二度読みしてみるとスッキリするかもしれません。そして、第4章では、これらの全ての事件が繋がりを見せて、謎が明かされます。

  • 旅するランナー さん

    投身自殺の名所、弓投げの崖がある街で起こる連続事件。偶然なのか、運命なのか、呪いなのか、負の連鎖が繋がっていく。暗澹たる死の数珠つなぎの先に、仄かな希望の光が見える感動のラスト(の写真)に、「これを待ってた!」って道尾ファンは小さくガッツポーズするでしょう。この小説は見逃しちゃいけない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

道尾秀介

1975年生まれ。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞、11年『月と蟹』で直木賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

道尾秀介に関連するトピックス

  • 作家・道尾秀介さん インタビュー 今年最も売れた文庫本『向日葵の咲かない夏』でも話題の作家・道尾秀介さんに、最新刊『球体の蛇』についてお話をうかがいま... HMV&BOOKS online|2009年12月04日 (金) 11:50
    作家・道尾秀介さん インタビュー

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品