週刊朝日 2020年 8月 14・21日合併号【表紙:Sexy Zone】

週刊朝日編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 200830820
ISBN 10 : 200830820
フォーマット
出版社
発売日
2020年08月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:

内容詳細

●独占7ページ!Sexy Zoneが週刊朝日に語った「セクゾらしさ」とは・・・
8月5日に新曲「RUN」を発売するSexy Zoneが、表紙&グラビア&インタビューで7ページにわたって登場。
来年に迎えるデビュー10周年を前に、コロナ禍の中で考えた「セクゾらしさ」についてメンバーが激論を交わしました。
熱い思いや冷静な分析力が交錯する、個性あふれる「らしい」トークとは。
また、メンバーの中島健人さんがKing & Priceの平野紫耀さんとダブル主演を務めるドラマ「未満警察ミッドナイトランナー」(日本テレビ系)の主題歌でもある新曲についても、メンバーがそれぞれの思いを吐露。

来年の10周年に向け、ますます勢いが止まらないセクシーゾーンへのインタビュー。新曲の歌詞にちなみ、コロナ禍でのステイホーム中にメンバーそれぞれが「止まらなかった」ことを語りました。佐藤勝利さんが「ステイホーム中は料理にハマったんですけど、料理への熱は今も止まらないですね」と、凝りに凝った料理へのこだわりを語れば、菊池風磨さんは、「俺は野球アニメの『メジャー』かな」と、子供のころから見ていたアニメ作品にハマっていると明かします。中島健人さんは「総合格闘技の動画」、マリウス葉さんは「自転車を漕ぐ」ことと、趣味でもそれぞれの個性が際立つ結果になりました。さらに、「セクゾらしさ」とは何か、という問いをめぐっては菊池さんが「人間としての未完成な部分もさらけ出していけたら」と言えば、中島さんは「パフォーマンスにおいては完璧を目指していかなきゃいけないんじゃないかとも思う」と反応するなど、メンバー間での大激論に発展。さて、4人が出した結論とは──

ほかの注目コンテンツは

●三浦春馬さん「一人っ子なので兄妹を作りたい」と結婚観サーフィン師匠が明かす
30歳にして突然、この世を去ってしまった俳優の三浦春馬さん。本誌は、彼が10代の頃から交流を続けてきたサーフィンの師匠に話を聞きました。「サーフィンが楽しくて楽しくて仕方ない感じだった」という三浦さんは、その日の夜から撮影が入っていても茨城の海を訪れるくらい、サーフィンに情熱を傾けていたといいます。そんな三浦さんは2年前、「師匠」に結婚への思いを「一人っ子だったので兄弟を作りたい」と打ち明けていました。コロナ禍での言動など、貴重な証言を掲載します。

●巣ごもり夏休みに見るべき動画は? ヒョンビン超えの胸キュン韓流イケメン&ドラマ
「愛の不時着」だけじゃない! 韓国の非地上波テレビドラマ史上最高視聴率をたたき出した「夫婦の世界」や、常軌を逸したヒロインが登場する「サイコだけど大丈夫」など、韓流ドラマにはまだまだ注目作品が目白押し。最新作から、「愛の不時着」ロスの人におすすめの「胸キュン度高め」のドラマ、さらには韓流以外にもおすすめの日本や米国発の注目作など、専門家らへの取材から夏休みに見るべき23作品をリストアップしました。

●外出自粛続く天皇家の今天皇陛下、皇后雅子さまの「令和流」ニューノーマル
令和に変わり1年3カ月が過ぎたが、新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、天皇皇后両陛下の英国訪問など、外出を伴う公務は延期や中止が続いています。そんな中、天皇ご一家がどんな生活を送られているかを取材すると、令和の皇室の「ニューノーマル」が見えてきました。たとえば専門家による「ご進講」はこれまで別々に受けるのが普通でしたが、令和では一緒に受講。ファッションでも、秋篠宮家の眞子さまはユニクロ、佳子さまは革ジャンを愛用するなど様変わり。令和の皇室はどんな姿になるのか、その一端が垣間見えました。

●巻頭特集「年金」年金7万円から暮らせる終の棲家と年金改正法の徹底解説
コロナ不況で将来が不安になる中、年金だけで暮らせる「ケアハウス」(軽費高齢者ホーム)の人気が高まっています。広い個室、ミニキッチン、トイレ、風呂、3食付きで夫婦で月額14万円で暮らせるそのコスパの秘密は? 2020年年金大改正法を徹底解説。自力で老後資金2千万円を増やす方法を探ります。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品