92歳まだまだやりたいことばかり

近藤富枝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309023557
ISBN 10 : 430902355X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;19

内容詳細

92歳、今も現役で作家として活動を続ける近藤富枝さんの、元気で長生きの秘訣を公開。食、趣味、仕事、ご主人の介護などをテーマに見えてくる、常にポジティブでいるための生き方指南。

【著者紹介】
近藤富枝 : 1922年東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務

鈴木伸子 : 1964年東京生まれ。東京女子大学卒業後、雑誌「東京人」に勤務。2010年退社。都市、建築、鉄道、町歩きなどをテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ガミ さん

    ご年配の作家、近藤富枝さんのライフワークを鈴木伸子さんの聞き書きによりまとめたものです。92歳という高年齢で身体にちょっとした持病を持ちながらも、元気に過ごしていくには、少しずつ体を動かしながらも学問や外出、他人と会うことに目を向けることが大切だと感じました。今、読書に力を入れ、外に出ている自分の活動は今後も続けていこうと改めて思います。老後は孫と遊び倒したいとちょっとした夢を持ち、のん気に構えてさぼろうと考えている私に、警告になるところもありました。怠けないことがまずは大事なんですね。

  • セーラ さん

    「私はすごく一生懸命に生きているから、生き方が上手なんです。」と言い切れる凄さ。幾つになっても日々のちょっとしたことを楽しみ、世の中を美しいと思える生き方を見習いたいです。

  • E さん

    図書館本。歳をとっても楽しない/おしゃれは活力/食いしん坊は長生き/作家デビューは45歳/夢中になれるものを見つける/源氏物語から学ぶ生きるヒント/ぼーっとする時間も必要/などイキイキと元気な秘訣が盛りだくさん!毎日、寝る前に必ず1時間読書するそう。私も見習おう!

  • ななころび さん

    「一つのことを怠けたら、そこから全体が崩れていく」隙あらば楽を求めて手抜きをする自分には耳が痛い。40代で作家になり75歳で家を建てるなんて真似できないけど、凛とした生き方を見習いたい。

  • Mano Yoshida さん

    作者の着物の本を読んで興味を持ったが、45歳からライターになり、50代で作家になった、というキャリアに驚いた。源氏物語や王朝継紙、着物への愛着の話、そして夫の認知症をめぐる思いなど、年を経た筆者の見地からのお話は穏やかで興味深かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

近藤富枝

1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務。2016年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品