文豪のきもの 河出文庫

近藤富枝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417240
ISBN 10 : 4309417248
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
200p;15

内容詳細

文豪たちのきもの愛があふれだす!樋口一葉、永井荷風、谷崎潤一郎、夏目漱石、川端康成、尾崎紅葉、宇野千代、久保田万太郎…明治・大正・昭和の文学史に名を残す作家たちは、作品のなかでどのようにきものを描き、また自身は何を着ていたのか。生涯、きもの美を追究し、二〇一六年に逝去した著者による、唯一無二のエッセイ。

目次 : 樋口一葉―一節流れるきものへの執着/ 田村俊子―妖しさと華麗さと/ 永井荷風―“時世粧”の女たち/ 谷崎潤一郎―王朝のみやびを求めて/ 舟橋聖一―唯美と官能/ 立原正秋―紬の強さ、愛の強さ/ 川端康成―「あはれな日本の美しさ」/ 久保田万太郎―下町の前掛党/ 宇野千代―男も大切、きものも大切/ 宇野浩二・近松秋江―作家とモデル/ 長谷川時雨―きものに託した女の運命/ 岡本かの子―きものは人を表す/ 夏目漱石―文豪の意外な姿/ 幸田文―血縁のなせる業/ 尾崎紅葉―装い変われば女も変わる/ 円地文子―さりげなく、やさしく/ 吉屋信子―すがすがしき少女/ 中里恒子―誰に見せる為でもなく

【著者紹介】
近藤富枝 : 1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務。2016年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さつき さん

    樋口一葉、舟橋聖一、宇野千代など着物好きの並み居る作家達が描いたその美しさや、作家自身がどんな着物を愛したかをひたすら語るエッセイ。着物や着物を着る上で誂える周辺の小物の用語が難しくて、いちいち調べながら読んだので時間はかかりました。著者の丁寧な解説のおかげで、豪華な装い、さりげないお洒落など現代ではなかなか触れる機会のない着物の美しさを堪能しました。着物を皆んなが日常で着ていた時代はもはや遠く、昔の人の常識が全く分からない自分が少し悲しくなりました。

  • okame さん

    マツオヒロミさんの表紙で手に取った本。明治〜昭和時代の著名な作家の作品に出てくる着物を近藤さんが解説。着物が普段着だった時代に生まれ、慣れ親しんだ人が見るとそんな風に読み取れるんだとなんだか新鮮でした。時代によって着方も変わるし、着物の生地や合わせ方によって、その人の育ちもわかってしまう。恥ずかしながら、文中に出てくる着物用語がまず何を指しているのか、どんな素材、柄なのか、普段使いか正装なのか等、全くわからず初めて知ることばかりでした。着物の知識があったら、いろんな作品をもっと深く読み解くことができそう。

  • 紅坂 紫 さん

    一葉から谷崎、吉屋信子まで文豪たちのプライベートな着物事情は勿論のこと作中に登場する着物まで丁寧に色鮮やかに解説されていて本当に幸せ。時代とともに移り変わりつつも一本筋の通った日本の心を守る文豪たちの美しさ。よく行く谷崎潤一郎記念館を思い出した。

  • まる さん

    何百年も形が変わらない着物も柄行きや着付け方、取り合わせ等の変化は大きいようだ。確かに取り上げられた着物の様子、そこから察しられる登場人物の立場、環境、出身等々は自分には解説があってやっと判る事がおおかった。洋装で育ち、着物を着ることは出来ても日常的ではなく、印象にあるのは戦後の母の外出着としての着物姿しかない。スッキリ、キリッとしたその姿と紹介された文学作品に登場する着物、着物姿との差は驚くばかりだった。→→→続く

  • 396ay さん

    とにかく着物にフォーカスした概説書。細かい着物のことはよく分からなかったけどおもしろかった。よく分からなかったので再度また読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

近藤富枝

1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務。2016年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品