伝道の神学 21世紀キリスト教伝道のために

近藤勝彦(1943-)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784764272125
ISBN 10 : 4764272121
フォーマット
出版社
発行年月
2002年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22

内容詳細

間もなく150年を迎える日本プロテスタント・キリスト教の福音伝道。危機的状況のなか、21世紀の福音伝道はどうあるべきか。優れた神学者である著者が伝道のための神学を提唱し、その課題を意欲的に追求する。

目次 : 第1部 二十一世紀の日本の伝道と神学(二十一世紀の日本の伝道と神学の課題/ 二十一世紀のキリスト教と神学教育/ 「教団史」における伝道―その喪失と回復/ 説教における「力」の回復/ 家族における信仰の継承/ キリスト教学校に働く伝道者―その三つの課題)/ 第2部 組織神学としての伝道の神学(マルティン・ケーラーにおける伝道の神学/ エルンスト・トレルチにおける文化史的伝道論の試み/ エーミル・ブルンナーにおける「伝道的神学」/ カール・バルトにおける伝道理解―その意味と限界/ アーノルド・A ファン・リューラーにおける「使徒的使命の神学」/ ユルゲン・モルトマンにおける終末論的伝導理解とその喪失/ 伝道の神学)

【著者紹介】
近藤勝彦 : 1943年東京に生まれる。東京大学文学部卒業、東京神学大学大学院修士課程修了、チュービンゲン大学に学ぶ。神学博士(チュービンゲン大学)。現在、東京神学大学教授、聖学院大学宗教センター所長、日本基督教団鳥居坂教会協力牧師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品