女の人を怒らせない技術 マンガでよくわかる女性とのコミュニケーションの鉄則

近藤俊太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478105924
ISBN 10 : 4478105928
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;19

内容詳細

「もしかして怒ってます!?」と感じたら黙って読む本。女性同士の人間関係にも。

目次 : 第1章 私はこれで、失敗しました。…で、どうすればよかったの!?をビフォー・アフターで(求めているのは、アドバイスじゃなかった件/ 相談があるって言うからランチに行っただけなのに… ほか)/ 第2章 すれ違う女心、男心、徹底解説―女の人にしてはいけないことを学びましょう(「うんうんやっとくよ、で、結局やらない」問題/ 「あれ、髪切った?と言えない」問題 ほか)/ 第3章 もう、怒らせない―ワンランク上の技術6選(答えがほしいのではなく、聞いてほしい/ 言い方一つで変わる気持ち ほか)/ 第4章 タイプで見分けて、地雷を避ける―全6タイプの傾向と対策(世渡り上手乙女/ ガンコ乙女 ほか)

【著者紹介】
近藤俊太郎 : 中央大学卒業後、大手家電メーカーやベンチャー企業などを経て、女性系サービスを運営している会社に入社。20代で役員に就任するも、女性比率の高い職場環境で「女性マネジメント」の重要性を実感。ノウハウを蓄積し、近年では近しい境遇にいるビジネスマンたちの相談を受けることも増えている。他方、週末は裏千家の茶人としても活動をしており、主催する「アバンギャルド茶会」はテレビ、雑誌などにも取り上げられている。茶の湯の世界でも女性たちと接する機会は非常に多く、公私にわたって女子力を磨く日々である

サカモトトシカズ : 漫画家。イラストレーター。漫画家としての主な作品にcomicoにて連載の『THE喫茶店』や『一緒に帰りましょう』など。また、イラストレーターとして雑誌『散歩の達人』の連載での挿絵や、書籍のイラストを描いている。プライベートでは、二人の娘を持つ父。妻と娘たちの結束が日々強まっていく中、本書のノウハウを絶賛実践中である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぴんく さん

    著者は女性だらけの職場に管理職としてやってきた男性なので、全体としてそういう職場で立ち振る舞うために、みたいな論調。なんだけど、仕事をうまく進めるために!ではなく、周囲の女性たちと互いに円滑にやってくためには?の解決策対処法なので職場でなくても役立つ!まぁ、そりゃそうだわなおっしゃる通りそれくらいは分かってましたよ、てことばかりだけどそれができているかは、また別。ちゃんと実践できる男になれ!と背中を押された気がしたよ!(笑)読みっぱなしでなくあと1回くらいおさらいした方が自分のため女子のため(笑)

  • ポップ430 さん

    読んでめっちゃ反省した本。 鉄の掟、それは女性を平等に扱うこと!(これヤバい) 焦らず、まず、まわりに溶け込むことからスタート!(少しやばい) 「いいからやれ」でなく、納得してからじゃないと女性は動かない(かなりヤバい) 一旦手を止め、相手の目を見る。ながら返事は禁物、相手が声かけづらくなる。時すでに遅し。(相当ヤバい) ミスに怒れば怒るほど、正直に言わなくなる(少しヤバい) 診断の結果、重症のためこの本が更に手放せなくなる現象(笑)

  • naolog さん

    図書館にて。うーん、まぁそんなもんか?という内容。

  • bonbon99 さん

    漫画なのでストーリー仕立てになっていて、すっと入っていけた。管理職ではない自分だが、女性職場に移ってから、4年近くになってしまった。最初はがむしゃらに仕事をしていたが、このジャンルの本を批評できるぐらい、仕事のスキルは上がったのかもしれない。管理職になりたてのおじさん気質や男子校育ちの人たちには、ぐっとくるものがあり、反省すべき点もあるのではないだろうか。よくまとまっていて基本的なことは抑えられている。が、じぶんにはもう一ランク上の本が欲しかった。

  • NAKAJI さん

    書店で見かけてパラパラめくっていたら面白かったので購入。これは全ての男性が読んだ方がよいのではないだろうか。マンガで描かれるシチュエーションも、心当たりがありすぎ。よい本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品