箸袋でジャパニーズ・チップ! テーブルのうえで見つけたいろんな形

辰巳雄基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898154809
ISBN 10 : 4898154808
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
追加情報
:
111p;22

内容詳細

この物体はなんなのか――

バイト先の居酒屋で、テーブルを片付けているときに見つけた、箸袋で折られた面白いカタチ。
「ごちそうさま」が込められた小さなカタチ= “チップ” のようだと気になって……。
以来、蒐集家・辰巳雄基さんは、1年半をかけて47都道府県をまわり、
“いろんなカタチに折られた箸袋” を集めるべく、協力店をさがして歩いた。

全国の料理屋、食堂、居酒屋、すし屋、ラーメン屋、喫茶店、カフェで、
“誰かが折った” 箸袋の造作物。
集めに集めたその数、なんと13,000点!

箸置き/空のなかま/海のなかま/陸のなかま/舟/飛行機/星/人/リボン・ネクタイ/
アクセサリー/鶴と亀/扇/花/ハートなどのジャンルに分けて厳選の700点超を一挙紹介!!

「手なぐさみに日本人の無意識が読みとれる。」――山口信博(折形デザイン研究所)帯コメントより

※一部作品の折り方例も収録

【著者紹介】
辰巳雄基 : 1990年奈良県生まれ。京都造形芸術大学卒業後、島根県の北に浮かぶ隠岐諸島海士町に移り住む。現在は京都の福祉施設で働くかたわら蒐集家/調査員として活動。過去の展示に「たつみの海でひろってきたもの店(展)」「ジャパニーズチップ展―テーブルの上で見つけた日本人のカタチ」などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あじ さん

    “全国から無作為に蒐集”した箸袋の擬態。手なぐさみで息を吹き込まれた、箸袋たちの乱舞に目を剥いた。市井にはこんなに“折れる人たち”がいるという事実に、むずむずした誇らしさが芽生えた。箸袋の指環でプロポーズしたのかしら?ここに掲載されているって事は、フラレたのかしらね。【試しに折ってみよう!】のページでエビフライをマスターしておこう、きっといつか役に立つはずだから。ジャパニーズ・チップ─ごちそうさまの置き土産。《友人より拝借本》※折り方のコーナーはささやかです。教本はまたの機会に……期待。

  • 鯖 さん

    1年半で全国の飲食店から取り寄せたお客さんが残した箸袋工作の数々13000点より、選りすぐりをご紹介。結んだり、バネにしてびよんびよん遊んだり、ちっちゃく切って折り鶴にするくらいかなあと自分を思い起こしていたが、もっとすごい世界が広がっていた。割いてクラゲにしたり、ネクタイや指輪とか、いろんなそれっぽい生き物。折り方講座がもっと充実してればよかったなあ。それと、超絶技巧すぎる達人のなにかがひとつくらい見たかった。ゆるめ。

  • Tomoko.H さん

    著者が約1年半かけて、日本全国の飲食店で集めた箸袋たち。え、ほんとに?折り方の種類もさることながら、すごいクオリティのがあったりで驚き。私がやるのは、箸置き、結び、折り ぐらいだな。人、いいなあ、面白い。凝ったやつがある店は、待たされ時間長かったのか、おしゃべりで長居したのかなと想像したり。まあ言ったらゴミだから、こんなの集めてるったら驚かれるだろうけど、そんな不審がらなくてもいいじゃないね。

  • 雨巫女。@新潮部 さん

    《私-図書館》箸袋で、作られた作品。飲み方が、楽しかったのが、つまらなかったのか、よくわかる。名作は、きっとつまらなかったのでは?

  • Minamihama さん

    日本人はこの手の事は不向きなのか? タイで見たナプキン折のすごさを思い出しちょっとがっかり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辰巳雄基

1990年奈良県生まれ。京都造形芸術大学卒業後、島根県の北に浮かぶ隠岐諸島海士町に移り住む。現在は京都の福祉施設で働くかたわら蒐集家/調査員として活動。過去の展示に「たつみの海でひろってきたもの店(展)」「ジャパニーズチップ展―テーブルの上で見つけた日本人のカタチ」などがある(本データはこの書籍が刊

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品