まごころの人 辰巳浜子

辰巳浜子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579304356
ISBN 10 : 4579304357
フォーマット
出版社
発行年月
2011年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,234p

内容詳細

料理研究家のさきがけとして、家庭料理の途にあざやかな足跡を印した辰巳浜子。少女時代の自由な学びから、戦中・戦後を自分の才覚と働きで乗り越えた日々を、生前の文章をもとに記す。昭和の姿が浮かび上がる1冊。

【著者紹介】
辰巳芳子 : 大正13年、辰巳芳雄・浜子夫妻の長女として東京に生まれる。聖心女子学院卒業。母の傍らで自然に家庭料理を会得した。平成22年、NHK放送文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 水無月 さん

    まごころの人、というありがちな題がついているが、朝ドラ「ごちそうさん」のヒロインのモデルと言われる通り、もっと闊達でのびのび、力強い女性という印象だ。恵まれた環境で美味しいものをふんだんに食べて育ち、恋愛結婚したものの、婚家では複雑な人間関係に苦しむ。しかし好きな料理をそれこそ「てしおにかけて」作り続け、絶えず新しい事にも挑戦。戦中戦後の苦労は、自分の頭と心と身体で、つまり主体的に乗り換えてきたから、新婚時代の苦しさに比べればなんでもなかったとか。いつの時代も自分の頭と手で生きる人は強いと痛感します。

  • 夏みかん さん

    凛とした生き方が伝わってくるような文章でした。うちの祖母もそういう人だったので、つくづくこの時代の人たちの凄さを感じるのですが、どうしてそういった気質のようなものが次の世代(自分を含め)にちゃんと伝わっていないのでしょうか。なかなか真似できませんが、「丁寧に」とか「真心をこめて」とかを口癖にするところから始めようと思います。

  • 牟田都子 さん

    「表はもめんでも裏には絹をつけ、着物より、長じゅばんや小物類に渋い心を配り、たびは足にくいいるばかりに、きっちりと、そして光るばかりに真白く、鼻緒の前つぼのかたくしまったはきものを好んだ江戸っ子」この言葉の選び方、リズム、立ち上がってくるイメージの豊かさ。むさぼるように読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辰巳浜子

料理研究家。1904(明治37)年、東京生まれ。香蘭女学校卒業。1977(昭和52)年逝去。享年73

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品