切断ヴィーナス

越智貴雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834401394
ISBN 10 : 4834401391
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
30

内容詳細

足を失った女性たちが義肢装具士・臼井二美男のもとを訪ねる──そこで出会ったのは「血の通った義足」。歩き、走り、跳ねる!時に妖艶に、時に可憐に、そして時に猛々しく、新たな生を獲得した彼女たちの強く美しい姿を活写した気鋭のフォトグラファーによる写真集。義足のヴィーナスたち11人の競演!

出版社からのコメント
義足を得て新たな一歩を踏み出す女性たちの、誇り高い姿をぜひご覧下さい。パラリンピックでの豊富な経験でそのあたたかい眼を培った写真家・越智氏とこの道30年、情念あふれる技巧を駆使する義肢装具士・臼井氏とが、彼女たちの美麗にして雄渾な姿とみごとなコラボレーションを繰り広げています。義足を付ける。それを実生活上の適応にとどまらせず、願いを叶える義足、「夢見る義足」に変えてゆく勇気は、見る者の心を勇躍ときめかせること間違いありません。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ばっか殿すん さん

    圧倒されました。。ただ、これはどう感想を書くべきなのかわからないので、自分の中に留めておこうと思います。

  • りりす さん

    欠損フェチを多少自覚しています。欠損フェチはざっくりした呼び方で、「欠損した状態が好き」「相手を欠損させたい」「相手に自分を欠損させて欲しい」「自分に違和感を感じるから欠損することで自分が思い描く正しい状態にしたい」などの分類があるそうです(私がどう思ってるかは割愛)。精神構造は、ないということで想像力を掻き立てるとか(ニケみたいに)、まぁいろいろあるのだと思います。要はひとによって結果や選択が同じでもプロセスは違っていて、そこでいくとこの本は「ないのは嫌だけど前向き」という姿勢だと感じました。

  • 原口 南 さん

    どうなっているんだろう?と、つい見入っちゃう。

  • kmfm さん

    ノンフィクション書評サイト・Honzで知った写真集だが、これは、目から鱗、予想外に凄い写真集だった。10人ほどの女性のグラビア、しかし、彼女たちは自分の片足を失った障害者。ほとんどが思いもよらぬ病気や事故に起因する。でも表情がとても豊かだ。笑顔有り、真剣勝負の顔有り、エロチックな表情もある。凄いのは、義肢・義足がファッションの一部となり、完全に溶け込むどころか、引き立て役になっていることだ。モデル、写真家、そして日本を代表する義肢の製作者白井氏のトリオが生み出した傑作写真集である。★★★★★

  • 魚京童! さん

    私ってどこからだろうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品