緋弾のアリア 32 蒼穹の密使 MF文庫J

赤松中学

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040642604
ISBN 10 : 4040642600
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
328p;15

内容詳細

武装探偵、通称『武偵』。それは凶悪化する犯罪に対抗するため武装を許可された探偵である。トップレベルのSランク武偵・アリアの相棒に選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。伊藤マキリの裏切りに遭いながら、ネモの暗殺を阻止すべく父・遠山金叉の超人技に立ち向かうキンジたち。激闘の末、帰国するキンジにはNのメンバーで“エルフ”の美女エンディミラがついてきてしまうことになる。独自の文化を持ち、色っぽく、そしてなぜかとても知りたがりのエンディミラ――戦果として自分を奴隷にしろと迫る彼女に困惑するキンジの元へ、さらなる想定外のトラブルと、過去に類を見ない難敵が忍び寄り……!?

【著者紹介】
赤松中学 : 覆面作家。『アストロノト!』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 銀の星 さん

    読了。ネモを取り巻く急展開で締めた前巻でしたが遂にキンジの父・金叉と直接対決。遠山家の戦闘との事もあり遠山家の秘儀が出るわ出るわ。もうこれは一度調べて復習しないとどの技がどうなのか覚えきれないね。そして3人増えた状態での帰国、その後のお金の工面といつもながらの天丼展開でも面白い。蘭豹が漸く初お披露目になり感激。今回の口絵でも言える事ですが、挿絵で登場してないテテティやレテティといったキャラを挿絵等に導入してあげて欲しい。今回の口絵はどう考えても内容と関係ないよ。そしてラストにはこれまた思いもしなかった→

  • nobu さん

    シリーズ32巻。金叉と戦うことになったキンジたち。父親は異次元の強さ。よくネモを守れたな。エンディミラとテテティレテティを仲間にして帰国したキンジを待っていたのは、家賃滞納に激おこの大家さんと闇金の取り立て。大学入試を前にどこへ向かっているんだ…。そしてなぜか中学講師になってしまったキンジを待っていたのは、教育困難なクラス。武偵流教育術を見せつけて、いつものように目立つ。12巻の展開を思い出してしまった。特にキンジに構っていた美少女二人は武偵校に進んでしまうんだろうな。キンジは本当に罪深い男だなぁ。

  • 彼方 さん

    ネモの暗殺を阻止すべく、ついにアメリカ・ナイアガラの滝にて父に対峙することになったキンジ。激闘の末、帰国時に金髪エルフがついてきてしまう第32巻。金叉パパ、細かい絶技が多過ぎてもう…久々に遠山同士の戦いとあり、技が交錯するとんでも理論が本当面白い。そして帰国すればまたお金の工面が…また変な…ある意味真っ当…?な仕事始めてきて笑わされ、毎度熱いキンちゃんの義侠心が響きますね…仕事斡旋してくれた蘭豹の株も爆上がりである。相棒のエンディミラも理知的うぶな良いキャラで、しかし新ヒロインは毎回魅力的なのですけれど…

  • 寒っ!! さん

    今回の内容は本筋とはずれてないのかと思ったら,思い切り重要な内容だったな。ラストのヒキはこれまで以上のインパクトがある。

  • ダイ さん

    前回、遂に父親と再会しましたが戦闘になってしまいました。ただ、圧倒的な強さで手加減状態でもまさに子供扱いでしたが、何とかネモの暗殺は阻止出来ました。その後は捕虜にしたエンディミラ達を連れて日本に戻ったものの借金をしてしまい、まさかの先生をする事になってしまいました。でも、学園ドラマものを見ている様でキンジの先生編も面白かったです。そして、今回のヒロインのエンディミラもエルフなので少しズレてる所も有りましたが優しくて魅力的な子でした。難しいですが再登場を期待してます。最後はまた予想外過ぎる人物が出ましたね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

赤松中学

覆面作家。『アストロノト!』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

赤松中学に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品