下ネタという概念が存在しない退屈な世界 8 ガガガ文庫

赤城大空

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094515367
ISBN 10 : 4094515364
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
278p;15

内容詳細

アニメ化決定でムクムク好調!!

「ニッポン男児のチンチンは触手状になっていると聞きマース。でもあなたのチンチンはただのチンチンみたいデース。あなたは本当にニッポン男児なのデスか?」
「…………」
思考がフリーズして言葉が出ない。

突如、来日した海外からの技術大使アニー・ブラウンは明らかに日本を勘違いしていた。
母・爛子(らんこ)から、アニーの調教を命じられた狸吉(たぬきち)は、偶然彼女が慶介の手引きで《SOX》を潰すために来たことを知ってしまう。

その後、携帯をアニーに盗まれて下ネタを話せなくなった《SOX》の首領・華城綾女(かじょう・あやめ)が、狸吉のアパートに訪れる。

狸吉はアニーから《SOX》にとっての秘部ともいえる携帯電話を取り戻すために、彼女が潜伏したとみられる島にある「日本村」へ向かう。
――日本村で蘇る日本のエロ文化。エロ本自販機にノーパンしゃぶしゃぶ。そして禁断のBL展開。狸吉の任務は危険日中出しのような綱渡りとなる。

《SOX》、アニー、慶介の三すくみの行方、そして、その陰で膨らむアンナ妊娠の不穏な気配は……?

アニメ界まで孕ませた、中折れ知らずの絶倫Yトークコメディ第8弾。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yobata さん

    男子トイレで用を足していた狸吉を背中を掴んだのはアニー・ブラウンという来日した少女だった。アニーは日本文化を勘違いし卑猥な言葉を連発し善導課から追われていて、なんと来日の目的は綾女の持つPM妨害機で…。やはりペロペロ山根、頭の悪さフルスロットルだねw今回はイチモツ,ニクアナ,サンチクビの海外キャラアニー登場。日本だけじゃなく海外にも下ネタテロ組織ってあるんだねwそんなアニーの日本知識は一昔前なので隠語連発。外国人の自由な性格も合わさってフリーダムすぎるでしょw綾女は前回の事もあって、下ネタは言うものの→

  • END さん

    正直もうこのシリーズはいいかなーと毎回思いつつも8冊目。なんだかんだで途中面白いかもって思ってしまうんだよね。今回は国が変わると文化が猥曲されるってお話。ニッポンムラの飲食店くだらねー♪マイクロビキニのおっさんとの戦闘!腐った双子のとの絡みも面白かった。最初の頃に比べて華城先輩の存在がウザくなって来てる。この人もはや下ネタを喋るか、ネガティブで弱ってるかになってるし。相変わらずなんだこの感想っで感じになってるわ……。

  • リキヨシオ さん

    下ネタという概念が存在しない世界に「第3次ベビーブーム」が到来!意気上がる「SOX」のメンバーだったが新たな危機が到来する!新ヒロインアニーの登場、そして「1日3分間下ネタ発言自由機能付き華城先輩特製携帯」が奪われる!その犯人はまさかのアニー!下ネタ発言=即逮捕される世の中で下ネタがないと生きていけない華城先輩が下ネタを我慢できる日数はわずか6日間!バレンタインの時期になり狸吉と華城先輩はいい関係になる一方で清く正しく生きてきたアンナ先輩の価値観の崩壊が顕著に…今後の物語の不安要素になってくるのか…

  • ささやか@ケチャップマン さん

    相変わらず頭おかしい(賛辞)。珍しくわりと表情に出るレベルで笑った。新キャラのアニーも頭の螺子がぶっ飛んでいるけど可愛いので理不尽である。グローバルな世界設定も語られ、設定の下地を地味に書いていたりしている。あれだけいつも下ネタしか言わないんだから、華城先輩のリアクションに対して狸吉が鈍感系になってしまうのはもはや必然だろう(笑)。イラスト付きで主人公が勇猛果敢に浣腸をするのが8巻のハイライトです。

  • こうづき さん

    アニメ化したらピー音だらけになりそうだよね……。海外からの刺客編。日本村のカオスっぷりに笑った。腐多子もカッ飛ばしてるな! いいぞもっとやれ! 狸吉が普通の鈍感主人公みたいになってるけど、何割かは綾女さんの自業自得、何割かは彼の壮絶な女性経験に起因している気がするので責められないような……。あ、あとイラストは今巻も素晴らしいです。浣腸とか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

赤城大空

ライトノベル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品