秋篠月清集/明恵上人歌集 和歌文学大系

谷知子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784625424137
ISBN 10 : 4625424135
フォーマット
出版社
発行年月
2013年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
442p;23

内容詳細

「み吉野は山も霞みて白雪のふりにし里に春はきにけり」―新古今和歌集巻頭歌の作者で、同集下命者後鳥羽院の意を体してその仮名序をも書いた、和漢兼作の才を兼備しながら急逝した後京極良経の家集『秋篠月清集』、「雲ヲ出デテ我ニトモナフ冬ノ月 風ヤ身ニシム雲ヤツメタキ」―栂尾高山寺中興の高僧で、「心数寄(すき)たる人」であれと教えたという明恵(高弁上人)の『明恵上人歌集』。鎌倉時代のはじめの珠玉の二歌集に詳注を加えた一冊。

目次 : 秋篠月清集/ 明恵上人歌集

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 上高野 さん

    後京極(九条)良経の歌集『秋篠月清集(あきしのげっせいしゅう)』を調べたくて図書館から借りた本。九条良経は嘉応元年(1169年)生、元久3年3月7日(1206年)に38歳で早世した公卿で、摂政関白・九条兼実の次男。 良経が急死したため良経自筆の草稿本を藤原定家が写した(と、巻末の識語にある)。歌集最後は「この世より蓮(はちす)の糸に結ぼほれ西に心の引くわが身かな」で、早世を暗示するようだ。 小倉百人一首には「後京極摂政前太政大臣」名で、「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかもねむ」がある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

谷知子

1959年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得。博士(文学)。フェリス女学院大学文学部日本語日本文学科教授。専攻は和歌文学

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品