図説ウ ゛ィクトリア朝百貨事典 ふくろうの本 / 世界の文化

谷田博幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762586
ISBN 10 : 4309762581
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
143p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yraurb さん

    ヴィクトリア朝時代ならではの様々な物品から建物までを、あいうえお順に紹介した本。各章は短いながらもわかりやすく、また、写真や絵が多いためどこから読んでも入りやすい。現代用語の基礎知識とか読むような感じで軽く読み流せる。これ読んでると船戸明里氏のあんだろの各描写がかなり正確なのだということが分かるのが面白い。

  • いっこ さん

    こういった本は著者が女性のものばかり読んできたので、 男性の選んだ「百貨」が新鮮に感じられた。「電信」、「電話」の項目など、小説の場面を思い浮かべ「なるほどね」と思う。

  • hiun さん

    【図書館本】

  • 後で決める さん

    そこそこ、かな。図は多いので当時の雰囲気は伝わった。近代とは言っても女性はこうあるべきだとか、すっごいうるさかったみたい。服装くらい好きにさせてやれよって思う。同じ服の人ばっかりよりみんなで色々お洒落した方が可愛いだろうがって。この出版社は前に建築の本を読んだことがあるのだけど、専門過ぎて読むのがきつかった。この出版社って初心者お断りなのかね。本文よりパンチ誌の皮肉とユーモアの方が面白かった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品