四月は少しつめたくて

谷川直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309023748
ISBN 10 : 4309023746
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
196p;20

内容詳細

詩が書けなくなった大詩人vs訳あり女性編集者、詩と再生の物語。借り物ではない、自分のことばで、きもちを伝えたい。詩をとおして、ことばを獲得していく女性たちを描く感動作。

【著者紹介】
谷川直子 : 1960年、神戸市生まれ。2012年『おしかくさま』で第四九回文藝賞を受賞。高橋直子名義で、エッセイ『競馬の国のアリス』『お洋服はうれしい』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    深い深い作品でした。『詩』が書けなくなった既に過去の人になりつつある大詩人「藤堂」と、何やら訳ありな女性編集者「桜子」の不思議な交流をえがいています。とにかく詩人「藤堂」がダメ人間すぎて、個人的には嫌悪感すら抱きました。そんな彼が講師を務める「詩」の講義に参加している主婦「まひろ」には娘「クルミ」との関係で悩みがあります。イジメにあい、ひきこもりになってしまった娘との関係修復を図ろうとしますが、なかなかうまくいきません。そんなひっかかりのある様々なライフスタイルをしっかり綴る谷川さん、ステキな作家です。

  • hisato さん

    詩やエッセイはあまり読まない、というか読んでいてもイマイチ分からない感性しているので何となく小説の中の話としても避けてきたのですが、タイトルに釣られて手に取ってみました。読後も正直、詩の良さについて何か分かったということはありませんでしたが、言葉一つ一つの意味と価値をとても大切にしていることや挫折した人たちが立ち上がろうとしている、その内容はとてもステキでした。自分が普段あまり考えずに話してるなぁとしみじみ思いますね。

  • いたろう さん

    13年間作品を書いていない詩人。いくら依頼されても詩を書かず、逆に新任女性編集者に馬券代やキャバクラ代までたかる破天荒さ。一方で、講師を務める詩の教室で、しっかりと言葉について語るのもまた同じ詩人の姿。はたして新しい詩は書かれるのか? 詩人と女性編集者との関係は? そして、詩の教室に通う女性が抱える問題はいかに? 「おしかくさま」では宗教やお金を、「断貧サロン」ではヒモ男をカリカチュアライズして、風変わりな物語にまとめ上げた著者の今作は、何のギミックもないストレートな作品。それだけにまっすぐに心に響いた。

  • トラキチ さん

    他の作家の作品では味わえない世界観を持っている作品だと言える。 長年詩をかけない大詩人藤堂と、彼の担当となる編集者桜子との関係が一見いびつにも見えるけれど読み進めてゆくうちに愛おしくなる。もう一人忘れてはならないのは娘が ほとんど口を利かなくなってしまった母親で読者には彼女への距離の方が近いと思われ胸が苦しくなります。彼女が通う詩の教室を藤堂が開いていて、結びつく行くところが切なくもあるが清々しい。 誰もが持っている辛い過去ですが、読み終えると気持ちが楽になります。背中を押してくれる人生応援歌的な良作。

  • itico さん

    本を読む。感想を書く。その行為はいつも言葉と共にある。しかしこれほど言葉の持つ力について考えたことはかつてなかったように思う。世の中には様々な言葉であふれているが、しかし私が口にした言葉は果たして私自身の言葉なのだろうか?語れば語るほど真実から遠のくことへの怖さについても考えてしまう。詩を書かなくなった詩人と担当編集者、詩人の持つ教室の生徒たち。それぞれが抱える苦悩と、乗り越えた先にある彼ら自身の言葉に感動し、安堵する。私は詩を書くが、私のは詩じゃない、ただの言葉の羅列だって今は思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品