世界一ありふれた答え

谷川直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025094
ISBN 10 : 4309025099
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
165p;20

内容詳細

離婚して未来を見失った女。ピアノを弾く時だけ、指が動かない病いのピアニスト。人生のどん底で出会った二人の再生を描く今年最高の感動作!

【著者紹介】
谷川直子 : 1960年、神戸市生まれ。2012年『おしかくさま』で第四九回文藝賞を受賞。高橋直子名義での著書もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    いいなぁ、谷川さんの作品。還暦間近の男女のピュアな恋愛を綴った『あなたが〜』を読んで、久しぶりに'コレは?!'と思える作家さんに出会った感覚でしたが、やはり期待を裏切らず、本作でもしっかりと素晴らしい読書時間を過ごさせてくれました。市議の妻でありながら、離婚するコトになりうつ病を発症した「まゆこ」と難病からピアノが弾けなくなり、同じくうつ病を発症したピアニスト「トキオ」の不思議な交流を描きます。正直、後半にさしかかるまではビミョーな雰囲気の作品でしたが、後半にある親子が登場してからの一転具合が痛快でした。

  • ゆにこ さん

    離婚して鬱になってしまった女性が主人公。彼女が立ち直るまでは読むのが辛かったが、終盤はほっとして嬉しくて涙が出た。励まされ心に響く、ずっと忘れないでいようと思う文章が多かった。

  • おたけஐ೨💕🥒🍅レビューはボチボチと… さん

    78/100点 鬱病になってしまった政治家の元妻とピアノが弾けなくなったピアニストが、回復の兆しを見つけるまでの物語。途中カウンセリングの様子などは興味深く読むことが出来ましたが、自意識の強い主人公の二人がどうも好きになれませんでした。ただ、主人公たちが自分が特別な存在であるのではなく、取るに足らない存在であると認識することが病を治す答えだと、いうことを見い出せて良かったと思いました。

  • いたろう さん

    前作「四月は少しつめたくて」の詩が書けなくなった詩人に続いて、本作に出てくるのは、ピアノが弾けなくなったピアニスト。夫に離婚され、喪失感から、うつ病になった「私」(=まゆこ)と、やはりうつ病と診断されたピアニスト、トキオ。まゆこがトキオの部屋で習うドビュッシーのアラベスク。二人の間にあるのは、同病相憐れむ感情でも、恋愛感情でもなく、「安心感」なのか。著者は、「おしかくさま」「断貧サロン」のような風変わりな話を書く作家と思っていたが、前作に続く、どん底に落ちた人間の心の再生の物語が、ストレートに心に響く。

  • るる さん

    心に大きな傷をおった男女がくりひろげる、物語。一気に読めました。自分に重なるものがありなんか、答えか欲しくて…答えは、なかったけど、得るものはありました。ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品