進撃の巨人 20 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063957204
ISBN 10 : 4063957209
フォーマット
出版社
発売日
2016年08月09日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

エレンの生家の地下室に眠る「真実」を手に入れるため、ウォール・マリア奪還最終作戦を決行した調査兵団。しかし、その行く手にはライナー、ベルトルト、そして「獣の巨人」らが待ち構えていた。絶望的な戦況。情報、戦力、作戦。何もかもが、足りない。多くの犠牲を出す最中、作戦を指揮するエルヴィンが下した決断とは──? かつての仲間達との戦いに勝利し、エレン達は「真実」を手にすることができるのか!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
戦いそのものよりも、選択することの苦しさ...

投稿日:2021/04/09 (金)

戦いそのものよりも、選択することの苦しさを感じた。面白いが、誰かを犠牲にして生きていく姿を見るのはきつかった

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    冒頭から死地の連打で、ひたすら手に汗握る。それでもなおすべての人物が残酷な運命に必死に抗い、読んでるこちらも祈るような気持ちが心に溢れる。しかし展開は容赦なく、一瞬一瞬が気が抜けず、台詞やモノローグが突き刺さってくる。作品の序盤で感じた絶望感が再び戻ってきた上に、高揚感が加わった感じ。20巻を読んだばかりなのに次巻が待ちきれない。あと今回は嘘予告までやたら哀切で、胸が締め付けられてしまった。

  • mitei さん

    ついに誰かを犠牲にしてでも勝利を得る感じになってきた。熱い戦いだなと思った。また嘘予告が気色悪い笑

  • NADIA さん

    これほどまでの絶望的な状況でもわずかな希望を失わず、前に進もうとする人類に感動。まだまだ状況は闇の中だけど、一筋の光明は失われていない。物語もいよいよ佳境。続きが気になって仕方ない。個人的にはジャンには何としても生き残ってほしい(^^;

  • 玉響 さん

    勝つ為に懸けたのは自らの命だった。「夢を諦めて死んでくれ」リヴァイの言葉が鋭利な刃物のように胸に突き刺さる。この言葉を受けて静かに微笑んだエルヴィン。絶望の淵に立たされた彼等だけれど、決して勝つ事を諦めてはいない。「人はいずれ死ぬ」確かにその通りだ。けれど無意味だったとは思わない。哀れに死んでいった兵士を想う事が、次の生者に意味を託す事ができるのは、生きて、戦っている者のみ。それこそが唯一、この残酷な世界に抗う術だという事を彼等はもう既に知っている。――アルミンは最期に夢みた海を見る事ができたのだろうか。

  • † mpwレイン † さん

    【Kindle】うわーそうきたか!怒濤の戦闘巻でしたなぁ。これどうなっちゃうの?あの二人は?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品