世界最高のクラシック 光文社新書

許光俊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334031664
ISBN 10 : 4334031668
フォーマット
出版社
発行年月
2002年10月
日本
追加情報
:
18cm,253p

商品説明

内容詳細

フルトヴェングラー「トリスタンとイゾルデ」、ワルター「リンツ」など、最高の指揮者による最高の演奏を紹介。辛口批評で鳴らすクラシック評論の第一人者が満を持して薦める、名盤CDガイドの決定版。

【著者紹介】
許光俊 : 1965年東京生まれ。慶応義塾大学で美学、東京都立大学でドイツ文学を学ぶ。都立大助手、横浜国立大学助教授を経て、現在慶応義塾大学法学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
小学生の頃の校内放送や音楽の時間にクラッ...

投稿日:2013/08/27 (火)

小学生の頃の校内放送や音楽の時間にクラッシックを聴いてから、初めて親にレコードをねだったのが自分から音楽を聴きたいと思った最初でした。その後、深夜放送を聴くようになって音楽の世界が広がりだし、私の興味はグループサウンズ、歌謡曲、洋楽ポップス、フォーク、ロックへと移り、最後にはジャズに行きつきました。ただ、ジャズしか聴かないというのではなく、私の心中には自分の一生の間に少しでも多くの様々な音楽を聴いてみたいという欲求が常日頃からあり、今日でもそれを実践し続けております。そのため、「のだめカンタービレ」を観たり、たまにCMで使われるクラッシックがあったりすると、「はて?何という曲で、演奏者は?」って気になって検索したりしています。決してクラッシックに疎遠になっていた訳ではなかったのですが、このたび、妻が映画「オーケストラ」を観たことがきっかけで、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聴きたくなり、ネットでいろいろ検索してどの演奏者のいつのCDを買えばいいのかとあれこれ探してみました。たまたま、購入したCDは満足のいくものでしたが、改めて自分のクラッシックの知識の乏しさを思い知らされました。それから、クラッシックにに対する知識を深めるとともに、CD選びの指標として多くの書籍を読むようになりましたが、この本はその中の一冊でした。オーケストラの指揮者について書かれておられていましたが、著者の方は結構辛口で、数多いる中から取り上げているにも拘らず、時には対象者をバッサリ切り捨てるような事も書かれており、残念ながら貧相な知識しか持たない私にとっては「へぇ、有名でもそういう違いがあるのか!」って非常に興味深く面白い内容でした。クラッシックに詳しい方が読まれたら、もしかしたら反感を買うような事が書いてあるのかも知れませんが、少なくとも私にとっては著者の方の分析、評価の仕方についてはとても役に立つもので、これからクラッシックへの造詣を深めていく上での参考にしていきたいと思いました。

ゆずぽん さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
初心者向きの本としては目下最良に位置する...

投稿日:2006/10/02 (月)

初心者向きの本としては目下最良に位置するクラシック本であろう。マニアが読んでも成る程、そういう観点でこの指揮者は解釈出来るのか、と再考させる説得力がある。まあ一部の指揮者観には?な部分もあるし、あとマルティノン、クリュイタンスといったフランス系の指揮者への言及が抜け落ちているのが不満といえば不満だが、某氏や某某氏(武士の情けで名は伏す)の手による「入門書」よりは安心して手引き書としてお奨めできる内容。売れたのも納得。

伊東洋輔 さん | 神奈川 | 不明

0
★
★
★
★
☆
これは他の許氏の本と比べると、随分大人し...

投稿日:2006/05/05 (金)

これは他の許氏の本と比べると、随分大人しい内容だ。より初心者向けに書いているせいか?それでも彼のこだわりがキチンと書かれていて、初心者がこれを読んでどう思ったか、ぜひ感想をきいてみたい。 ところで、最近思うのだが、ぜひ許氏にはNTVの「世界一受けたい授業」に出演してほしい。クラシック・ブームと言われている(私はそうは思っていないが)今、彼がどんな授業をするか見てみたいのである。青島広志ばかりじゃ、飽きてしまう(本のレビューじゃなくなってしまった。失礼:笑)。

yass さん | 大分県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    著者の許光俊は、あとがきで「本書は、音楽の美しさを観念的に弄ぶポルノグラフィーとしては悪くないと思う」と語る。すごい自信だ。そして、その自己分析は正しい。内容は指揮者を通じての音楽論なのだが、極めて挑発的だ。この後で書かれたピアノ篇に比べると比喩は少ないが、感情表現は全開である。「ただならぬ美しさ」に陶酔しっぱなしなのである。もちろん、異論もあるだろう。私も第1章にシューリヒトが、第2章にムラビンスキーが登場しないのは、どうかと思う。しかし、恣意的ではあるものの(もちろんわざとだ)優れた演奏論である。

  • フリスビー さん

    「何が最高かを決めることはできない。最高とは何かを問い続けることが重要」というのが著者の姿勢です。いわゆるガイド本ではありますが、広く網羅するのではなく、フルトヴェングラーからラトルまで指揮者にこだわってひじょうに濃い評論を展開しています。著者の他の入門ガイドを読んでいる人なら感じるところがあると思います。

  • Sachi さん

    指揮者とオーケストラの話。色んな演奏を聴き比べてみたくなります。

  • 山内 ダイスケ さん

    たぶん、数十回読み返し、その都度、CDが1枚づつ増えていく。 特にセル、トスカニーニの項では、紹介された録音は全て購入した(と、想う)。 最後の一枚を中古で買った記念に読書メータにも記録。

  • ヨハネス さん

    音楽評論家の中で許さんが一番好きな気がします。もちろん許さんの個人的な評価だけど理由が具体的で、読者を強く納得させ興奮させます。この本は題名からはわからないけど、オーケストラ作品のCDを指揮者別に解説したもののみでした。CDを選びたい人には最高に向いています。また録音が残っている範囲で最古の巨匠に詳しいです。個人的にはCDではなくラジオ・生演奏派なので全くそそられず残念。しかしムラビンスキーがいないのにエンリケ・バティスなんてあまり有名じゃない人を取り上げる、若干偏ってませんかね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

許光俊

許 光俊(キョ ミツトシ)…1965年、東京都生まれ。慶應義塾大学教授。著書に『クラシックを聴け!』『オペラに連れてって!』(ともに青弓社)、編著に『究極!クラシックのツボ』『クラシック、マジでやばい話』『オペラ大爆発!』『こんな「名盤」は、いらない!』『クラシック批評という運命』(いずれも青弓社)、共著に『クラシックCD名盤バトル』(洋泉社)ほか。

プロフィール詳細へ

許光俊に関連するトピックス

  • 「今年のおもしろCD」(許光俊) ...「来たれ、甘き死よ」は最初の響きから尋常でなく濃い情感が宿る。痛切な祈りのようなのだ。まるで止まってしまったか... |2006年12月17日 (日) 14:10
    「今年のおもしろCD」(許光俊)

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド