ようちえんにいくんだもん

角野栄子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579404483
ISBN 10 : 4579404483
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;27

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    今週の幼稚園啓蒙絵本。3歳になったマリちゃんが、幼稚園の見学、通園路を歩く練習、入園の面接、通園準備、入園式をソツなくこなし、幼稚園を大好きになって帰ってくる、というトントン拍子の超出来杉なお話。我が家も今月頭に幼稚園の面接があったが、子供だけで遊ぶ時間はずっと泣いていて、それ以来、親と離れるのを前より警戒するようになってしまった。娘も入園式のページで泣く子を見て何か不穏な空気を察知したのか、「幼稚園ってお母さんと一緒じゃないの?」とか「幼稚園行きたくない」と言い始めた。逆効果かー。現実は甘くないな。

  • 山田太郎 さん

    3歳にしてはしっかりしすぎだと思うが。娘も幼稚園好きなのがお父さんとしてはなにより。

  • スノーマン さん

    この春から、いよいよちび子も幼稚園へ。この絵本の制服や帽子、通園カバンが園のスタイルに本当ソックリで、多分本人も乗り気になってくれたかな。こんなワクワクする大きな木があると尚嬉しいだろうな。ちび子は言葉もカタコトだし、オムツも取れないままだし、好き嫌いも多いしで、この絵本の女の子のようにしっかりしてないから親としては不安もたくさんあるけれど、新しい生活を楽しんで欲しいな。

  • りーぶる さん

    3歳なりたて、という設定にしては「できるすぎる」所が多くて、等身大で子育てしている身としては「んー」となる。娘は自分も行っているので、楽しくて仕方ない様子です。(2歳10か月)

  • 遠い日 さん

    さこももみさんの絵を求めて。3歳になって、幼稚園選びをすることになったマリちゃん。幼稚園のお試し会で、それぞれの幼稚園の良さを知る。いろいろな自分たちの条件に合う点を比べて、決定する。入園前は親も子もいくつもの不安がよぎるもの。それでもわたしは子どもの入園のための準備が楽しかったな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角野栄子

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。その後、童話を書き始め、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品