さあ、なげますよ

角野栄子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784799902424
ISBN 10 : 4799902423
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27

内容詳細

ノビくんはかべをあいてに、ひとりでボールなげ。ばしっ!ばしっ!ばしーっ!すごいたま!そしたら、ちいさなおばあさんがあらわれて…ノビくんとおばあさんの、ゆかいなボールなげ。

【著者紹介】
角野栄子 : 東京都生まれ。児童文学作家。「魔女の宅急便」(福音館書店)で野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト賞、『おおどろぼうブラブラ氏』(講談社)で産経児童出版文化賞大賞、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で旺文社児童文学賞、路傍の石文学賞、『トンネルの森1945』(KADOKAWA)で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞等多数

山村浩二 : 愛知県生まれ。多彩な技法で短編アニメーションを制作。『頭山』(2002)がアヌシー2003でグランプリを受賞、第75回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされる。どちらも日本人として初の快挙。全世界の映画祭で90以上の賞を受賞。映画芸術科学アカデミー会員、国際アニメーションフィルム協会日本支部理事、日本アニメーション協会常任理事、東京藝術大学大学院映像研究科教授。絵本『くじらさんのーたーめならえんやこーら』(内田麟太郎・作 鈴木出版)で、日本絵本賞、『ちいさなおおきなき』(夢枕獏・作 小学館)で小学館児童出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    山村浩二さんの絵を求めて。ボール投げが得意すぎるのも困りもの。誰にも相手にされなくなって一人ぼっちのノビくん。そんなノビくんに、敢然と向かったおばあさんの心意気がいい。キャッチボールは心を繋げる。おばあさんのお茶目さと、負けず嫌いのパワーと、そしてちゃんとノビくんを思いやる懐の深さと。ふたりは友だちなんだなぁ。

  • 円舞曲 さん

    おばあちゃんがすごい。

  • つき さん

    なかなかファンタジックなお話し。ふつうのキャッチボールより楽しいかも!

  • 刹那 さん

    おばあさん!すごい!

  • HNYYS さん

    図書館本。未就学児には難しかったみたいですが、おばあさんがとにかくパワフルで楽しい。敬老の日なんかに読んだら面白そう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角野栄子

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。その後、童話を書き始め、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』で路傍の石文学賞、『魔女の宅急便』(以上福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品