紙の月

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784758411905
ISBN 10 : 4758411905
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
313p 19cm(B6)

内容詳細

わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。梨花は発覚する前に海外へ逃亡する。彼女は、果たして逃げ切れるのか?あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代、待望の長篇小説。

――自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主婦。
年下の大学生・光太と出会ったことから、金銭感覚と日常が少しずつ少しずつ歪んでいき、「私には、ほしいものは、みな手に入る」と思いはじめる。
夫とつましい生活をしながら、一方光太とはホテルのスイートに連泊し、高級寿司店で食事をし、高価な買い物をし・・・。
そしてついには顧客のお金に手をつけてゆく。

【著者紹介】
角田光代 : 神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、04年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

【著者紹介】
角田光代 : 神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、04年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    銀行の契約社員である梅澤梨花は正義感の人と言われていた。しかし、大学生の愛人を作り、顧客の預金を横領し、愛人に虚構を見せ、人生を狂わせていく。始めはふとした切っ掛けで預金を立て替えただけだった。次第にエスカレートする梨花の横領。大学生にパテック・フィリップの時計やアルマーニの服を買い与える。しかし、愛人には大学生の恋人ができる。お金の力は恐ろしい。自分に見あった現実以上の虚構を見せる事ができる。私も金融関係の仕事をしており、カードを乱用する人達を見てきた。周りにもいるしね。非常にスリリングな傑作。

  • takaC さん

    NHKドラマの初回が放送された後に(本屋さんで)読み始めて、最終第5回が放送された後に(本屋さんで)読み終えた。ドラマは概ね忠実に話を再現はしていたが脚色も多かったし、最後に梨花は無事ラオスに逃げられたと取れる終わり方だったな。これまた小説に軍配。

  • ☆ぉりん☆ さん

    ぞーっとした。そこまでの話はないにしても、自分も素質(?)がありそうで。初めは何の罪悪感もないところから始まり、だんだん後戻りができないところまで堕ちていく。ほら、つい最近まで似たような体験してました。確かに買い物をしたときの高揚感たらないし、それなりのところにたまたま行けたときとか、素晴らしいサービスを受けたときとか“自分はそれを受けるに相応しいんだ”って錯覚するときとかあるし。物欲に支配されるということは精神状態が正常じゃないことの証だけど、まさに今もちょっとまずいかもしれない。金銭感覚麻痺してる。

  • 抹茶モナカ さん

    顧客のお金を横領した銀行の契約社員の話。主人公には、愛人がいて、貢いでしまったりして、事態が深刻になって行く。僕は子供の頃、結構何でも買ってくれた父親に育てられて、それが当たり前だと思っていたり、物が欲しい時に父親に媚びていた事を思い出した。年齢を重ねて、僕も時々クレジットカードで衝動買いするようになった。そんな、あれこれを思って、もう死んでしまった父親に会いたくなった。僕は、紙の月、ペーパームーンの書き割りのような生活をしているから、尚更。

  • ヨミー さん

    初の角田光代作品読了。映画化で話題になり、図書館で予約待ちで漸く読めました。どんよりでハッピーな終わりではないが、前半から引き込まれて、良かったです。梨花と光太が身の丈にあった倹しい交際ができたら、もっと違う関係になれたかもと思う。が、夫との微妙な関係性や自分がどういう存在かというところで、いろいろな迷いや不安もあり、非日常的なものを梨花は求めてしまい、横領に次ぐ横領を重ねて麻痺してしまった。誰にでも大なり小なりあり得るお金の魔力に改めて考えさせられる内容でした。映画版のもぜひ観てみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年神奈川県生まれ。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、『空中庭園』で婦人公論文芸賞、『対岸の彼女』で直木賞、『八日目の〓』で中央公論文芸賞、『紙の月』で柴田錬三郎賞など、著作、受賞作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド