源氏物語 下 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309728766
ISBN 10 : 4309728766
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
640p;20

内容詳細

源氏亡きあと、宇治を舞台に源氏の息子・薫と孫・匂宮、姫君たちとの恋と性愛を描く。すれ違う男と女の思惑――。大長編の最後を飾るドラマチックな「宇治十帖」が圧巻。角田源氏、完結巻。

解題=藤原克己(国文学 東京大学)
解説=池澤夏樹
月報=辻原登
   マイケル・エメリック
帯写真=川内倫子

<出版社から>
【角田光代訳『源氏物語』は、何より読みやすさと、昔も今もつながる感情を重視!】
角田訳は、物語としての面白さが堪能できる『源氏物語』です。これまでの現代語訳で挫折した方も、この角田訳なら必ず最後までたどりつけることをお約束します。

【読みやすさの工夫を凝らした角田訳の特徴】
●原文に忠実に沿いながらも、読みやすく、感情に引きつけて読める自然な訳文
●主語を補い、地の文の敬語をほぼ廃したことで、細部までわかりやすい
●現代的で歯切れがよく、生き生きとした会話文
●作者や第三者の声(草子地)を魅力的に訳して挿入
●和歌や漢詩などの引用はほぼ全文を補って紹介

平安時代中期の11世紀初めに紫式部によって書かれた『源氏物語』は、五十四帖から成る世界最古の長篇小説。輝く皇子として生まれた光源氏が、女たちとさまざまな恋愛を繰り広げる物語であると同時に、生と死、無常観など、人生や社会の深淵が描かれている。四百人以上の登場人物が織りなす物語の面白さ、卓越した構成力、細やかな心情を豊かに綴った筆致と、千年読み継がれる傑作。下巻には、42帖「匂宮」から54帖「夢浮橋」までを収録。

【著者紹介】
角田光代 : 1967年神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ 、 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11074101?sort=book_count&order=desc オオトリは、『源氏物語 下』 、足掛け約5年、全30巻、18,500頁強完読しました。角田 光代現代語訳の『源氏物語 』(全三巻、2,000頁強)は、 オーソドックスで読み易く美しい文章で素晴らしいですが、願わくはもう少し角田 光代色を出して欲しかったと思います。

  • keroppi さん

    中巻からすでに1年以上が経ち、心待ちにしていた下巻をようやく読み終えた。光源氏亡き後の物語。人の死と、愛と、それが交錯することから生まれる悲劇。「薫」「匂」という登場人物が示すように、文字だけでなく、五感を刺激する。女性たちの生き方には、悲しみをおぼえる。角田光代さんの訳文は、なかなか取っ付き難かった古典を、一つの文学作品として読ませてくれた。この日本文学全集、刊行され出して5年以上経つようだ。この巻にて、全てを読み終えた。素晴らしい全集だった。読み終えて思うのは、池澤夏樹さんへの感謝である。

  • 優希 さん

    匂宮から夢浮橋まで、源氏亡き後の物語が描かれます。殊に宇治十帖は薫、匂宮、浮舟の恋の絡みが、平安時代ならではの恋愛だなと思わされました。現代にも通じるものがあるのか、1000年前の物語でありながらドキドキしたりイライラしたりしてしまいました。それだけリアルだということでしょうね。恋の大作を堪能できます。

  • 14番目の月 さん

    角田さんの源氏物語、とてもわかりやすいので今まで理解できていなかったことが確認できました。 特に宇治十帖においては新しい発見によって今までとは異なった感想も持ちました。 今とは価値観も全く異なるこの時代ではありますが宮や大将の行動や考え方にもどかしさや理不尽さを感じざるをえません。浮舟にしてもはっきりしない態度に呆れてくるのですが、角田さんの後書きを読むと、なるほどそういうことかという部分もありました。 今読んでもこんなに夢中で読んでしまう源氏物語のなんと凄いことか、日本の宝です。

  • ぐうぐう さん

    「この世に生きる者で、亡き光君を恋しく思わない者はなく、何かにつけ、この世はただ火の消えたようなさみしさで、なんにせよ輝きを失ってしまったと嘆かない折はないのである」光源氏亡きあとの『源氏物語』は、次の世代に継承され、「宇治十帖」へと流れていく。光君の(表向きの)子である薫を中心に語られるストーリーは、ひとことで例えれば、幻影を追う物語である。薫の出自が幻(そう、「薫」という名が、この世ならぬ芳香が生得の体臭として備わっていたからで、香り自体は目に見えぬ幻なのだ)であるように、(つづく)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。03年『空中庭園

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品