きみが見つける物語 十代のための新名作 休日編 角川文庫

角川文庫編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043894048
ISBN 10 : 404389404X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,285p

内容詳細

とびっきりの解放感で校門を飛び出す。この瞬間だけは、学校のことも嫌な奴のことも、宿題のことも忘れて…。旬の作家が集結、それぞれが紡いだ休日の大冒険とは?いまどきの名作を厳選、超豪華ラインアップでおくる短編小説集『きみが見つける物語 十代のための新名作』。「休日編」には、角田光代、恒川光太郎、万城目学、森絵都、米澤穂信の傑作短編を収録。

【著者紹介】
角田光代 : 1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1990年「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。2005年『対岸の彼女』(文春文庫)で第132回直木賞受賞。大人向けの小説以外にもエッセイや紀行文、児童書も数多く発表

恒川光太郎 : 1973年東京都生まれ。大東文化大学経済学部卒業。2005年「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。その年の秋には、単行本化された『夜市』(角川ホラー文庫)が第134回直木賞の候補にもなりました

万城目学 : 1976年大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。2006年『鴨川ホルモー』で第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞しデビュー

森絵都 : 1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。1990年『リズム』(講談社青い鳥文庫)で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2006年『風に舞いあがるビニールシート』(文藝春秋)で第135回直木賞受賞

米沢穂信 : 1978年岐阜県生まれ。2001年、高校の部活動「古典部」を舞台にした学園ミステリー『氷菓』(角川文庫)で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    休日の冒険が楽しかったです。自分が10代の頃は冒険などしなかったので、憧れを感じました。解放感で校門を飛び出した瞬間、想いが変わるというのは、誰しも同じことなのでしょう。10代に戻り、休日を楽しみたくなりました。

  • 佐々陽太朗(K.Tsubota) さん

    「シャルロットだけはぼくのもの」ありきたりの日常がミステリというスパイスで素敵な一日に。「ローマ風の休日」再読だが物語の世界は決して色あせない。大好きな作品。「秋の牢獄」私はこれまで3回尿管結石を患っている。その日が11月7日でなくて良かった。「春のあなぼこ」小学校を卒業し、中学校に入学するまでの空白の二週間。自分の知らない世界へ飛び出したい気持と、知らない世界への畏れが良く現れた作品。「夏の出口」高校3年の夏、自分はこれから何者にもなり得る、が同時に今、何者にもなり得ていない自分に対するいらだちと不安。

  • hirune さん

    これが11月になると多くの人が再読する 噂の『秋の牢獄』かぁ、なるほど。他の作品もそれぞれ面白かったけど、恒川光太郎さんが圧勝でした!ずーっと同じ日が繰り返されるのだったら私なら何をするか?毎朝図書館か書店に行って一冊の本を手に入れて1日一冊本を読み 、読みたい本456冊を制覇するか。はたまた藍たちのように毎日いろんな所に旅行に出るか。その一日が終わればこの世の終わりなのか 翌日から時間の流れが戻るのか?たくさんの可能性が考えられて とても面白かったです☆

  • pukupuku さん

    11月7日に「秋の牢獄」を読むというコミュが気になり,図書館で探してみたけど貸し出し中でなかったので,この本をチョイス。毎日が11月7日だなんてなんだかすごく不気味。でもね,そうは言っても,私,結局,毎日毎日同じような一日を繰り返してる気がする。それでも,今日,11月8日を迎え,昨日と同じような一日だけれど,ちゃんと一歩前に進んだ。ちゃとん1日時を進めた。当たり前のことを幸せだと感じられる幸せ。他の作品もとお〜い10代の頃を懐かしく思い浮かべながら読了。

  • takaC さん

    「シャルロットだけはぼくのもの」米澤穂信『夏期限定トロピカルカフェ事件』(創元) 「ローマ風の休日」『ホルモー六景』(角川) 「秋の牢獄」恒川光太郎『秋の牢獄』(角川) 「春のあなぼこ」森絵都『永遠の出口』(集英社) 「夏の出口」角田光代『学校の青空』(河出出版)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品