安堂ロイド III 角川文庫

西荻弓絵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041011683
ISBN 10 : 404101168X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
206p;15

内容詳細

麻陽、ロイド、レイジ、それぞれの愛が向かう先とは――。

支援機もクライアントも失い、孤立無援になっても自らの意思で戦い続ける決心をしたロイド。
ついに致命的なダメージを受け、麻陽の目の前で動かなくなるが……。時空を超えたラブストーリー、感動の結末!


【著者紹介】
西荻弓絵 : 東京都生まれ。脚本家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 速水こもみち さん

    テレビドラマが面白くって大好きだったので、ノベライズも読んでみました。この世界感、テーマが大好きです。「未来に誇れる現在(いま)を作れ。それが大人の責任だ。」いつかはこの物語のように感情を持ったAIが現れるのだろうか。

  • くまかほ さん

    ロイドと麻陽、お互いのお互いに対する想いのために招いてしまう結果が切なかったです。記憶のリセットを拒んだり、100年間浸食を耐えていたり・・・ アンドロイド同士の助け合いも感動的でした。

  • キタ さん

    なんとなくハッピーエンドっぽくってよかった。 ラストクイーンは強い? 結構、血まみれ、腕もげありだけど、ドラマの中では、どうだったのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西荻弓絵

東京都生まれ。脚本家。作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

西荻弓絵に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品