ラジオドラマの黄金時代

西沢実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309014500
ISBN 10 : 430901450X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
20cm,278p

内容詳細

「鐘の鳴る丘」「一丁目一番地」「君の名は」など、日本人の故郷となったラジオドラマの黄金時代…。数々のドラマ、バラエティー番組で戦後日本人の心を勇気づけ続けた、放送劇作家が回想する戦後史への証言。

【著者紹介】
西沢実 : 1918年1月2日生まれ。八四歳。1948年、中央大学法学部卒業。終戦時、陸軍戦車隊長で中尉。戦後、放送劇作家。NHK嘱託作家として、『架空実況放送』全作品ほかラジオドラマ、バラエティー番組等の脚本を執筆。日本大学芸術学部放送学科講師として脚本の講座を四〇年近く担当。2000年、論文『創始期ラジオドラマとラジオドラマのことばの研究』で芸術学博士。前、日本放送作家協会理事長。現在、財団法人放送番組センター理事。NHK全国高校放送コンテスト(ドラマ部門)審査委員長。紫綬褒賞受賞(1984年)、勲四等旭日章受章(1991年)、NHK放送文化賞(1996年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • へくとぱすかる さん

    著者を全く知らなかったが、ニセ者が出現したほどのラジオ劇作家とのこと。個人的なラジオドラマのエピソードを綴ったエッセイ。古い話を発掘していて資料価値は高い。何と84歳での刊行。シャレの大好きな人らしく、随所にオヤジギャグが。関ヶ原の石田三成に「追うてくるとは思っていたが、そうか、NHKか」と言わせたのには爆笑。FMの「青春アドベンチャー」も、黄金時代の恩恵を受けているわけだ。

  • misui さん

    NHK嘱託の放送作家として往年のラジオドラマに関わった人物による回顧録。ラジオドラマ創始期の研究者でもあってラジオドラマ事始めに関してはやや詳しいが、おおよそは関係者とのエピソードにページが費やされている。ラジオドラマは文字言語(書き言葉)ではなく音声言語を用いて聞き手の幻想を呼び起こす分野(テレビより受け手の協力を必要とする)で、便宜上は脚本にまとめられるが実態は音の上にある。本書も砕けた調子で著者の肉声が伝わってくるようだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西沢実

1918年1月2日生まれ。八四歳。1948年、中央大学法学部卒業。終戦時、陸軍戦車隊長で中尉。戦後、放送劇作家。NHK嘱託作家として、『架空実況放送』全作品ほかラジオドラマ、バラエティー番組等の脚本を執筆。日本大学芸術学部放送学科講師として脚本の講座を四〇年近く担当。2000年、論文『創始期ラジオド

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品