量子コンピュータが人工知能を加速する

西森秀稔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784822251895
ISBN 10 : 4822251896
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
187p;19

内容詳細

機械学習・ディープラーニングに応用できる「量子アニーリング」マシンの原理を提唱した本人が語る!

目次 : 第1章 「1億倍速い」コンピュータ/ 第2章 量子アニーリングマシンの誕生/ 第3章 最適化問題の解き方と人工知能への応用/ 第4章 量子コンピュータがつくる未来/ 第5章 量子の不思議な世界を見る/ 第6章 日本が世界をリードする日はくるか

【著者紹介】
西森秀稔 : 東京工業大学理学院教授。1954年高知生まれ。1977年、東京大学理学部物理学科を卒業。1981年、カーネギーメロン大学で博士研究員となる。1982年、東京大学大学院博士課程修了し理学博士を取得、ラトガース大学博士研究員に着任。1990年、東京工業大学理学部物理学科の助教授に就任。1996年より現職。1990年に日本IBM科学賞、2006年に仁科記念賞を受賞

大関真之 : 東北大学大学院情報科学研究科応用情報科学専攻准教授。1982年東京生まれ。2008年、東京工業大学大学院理工学研究科物性物理学専攻博士課程早期修了。東京工業大学産学官連携研究員として量子アニーリングの研究に従事したのち、ローマ大学物理学科研究員、京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻助教を経て、2016年10月から現職。2012年に第6回日本物理学会若手奨励賞、2016年に平成28年度文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    量子コンピュータについては名前だけを聞いていましたが、この本を読んで少しは内容が分かったような気がします。いままでのコンピュータよりも1億倍速いということであれば、ディープラーニングなどお手のものですし、今話題のビットコインもすぐ掘りつくしてしまう可能性があるのではないかとチープな頭で考えています。原理を日本人が提唱したということで将来的にはノーベル賞候補にもなる可能性があるということですかね。今後はいろいろな方面に応用できるのでしょう。

  • MATSUDA, Shougo さん

    古本屋で購入。量子コンピュータについて、まずは触りを抑えておきたく手に取り読了。技術面の理解と、実用の現在を抑えたい所ですが、まだ全容は掴みきれず本書をトリガに学びを進めます。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    #説明歌 「コンピュータが人工知能を加速する」量子力学焼きなまし理論 「わからなさ抜群だった (p.182)」「ややもすると誤解に基づいた過剰な期待(p.180)」https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/ca3043e6dd3c99c99ca4

  • おりん さん

    有用だった。量子コンピュータと人工知能、どちらも興味があって知りたかったので読む。量子コンピュータには量子アニーリングと量子ゲートの2つの方式があり、大分前に話題になったd-waveは前者の方で、実際に量子効果を発生させて計算すること、量子のトンネル効果によって一番エネルギーの低い解、つまり安定した解を見つけることで組み合わせ問題のような物凄い計算量が必要な問題を楽に早く解けること、など量子コンピュータの入門書としてはイメージが湧きやすくよかった。

  • Tenouji さん

    なるほど、組み合わせ最適化問題を、エネルギー最小値問題として、量子効果を利用して解くわけね。人工知能のクラスタリング問題も同様に解けると。いずれ、自然界の適応と、計算行為の意味が重なる時代が来るといいなw。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品