アントンせんせい おでかけです 講談社の創作絵本

西村敏雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061332553
ISBN 10 : 4061332554
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27

内容詳細

アントンせんせいは、どうぶつのお医者さん。ある日、ヤギさんから手紙が来ました。手紙には「きょうの よる いえに きてください」とあります。「おやおや なんだろう。からだのぐあいでも わるいのかな?」。心配になったアントンせんせい。
ギ~コ ギ~コ 自転車で走っていくと、「せんせい ちょっと みてもらえませんんか?」と声がします。「だれですか~?」。
うさぎとかけっこをして、足をくじいたカメでした。アントンせんせいはカメを治療して、また先に進みました。すると、また、「せんせい ちょっと みてもらえませんんか?」「だれですか~?」こんどはカメレオンでした。そしてつぎは、さる。
夕方の空が暗くなってきます。・・・・・・。ガッシャ~ン ビュ~ン ズボッ。
アントンせんせいは、木にぶつかったいきおいで、とばされてしまいました!

[著者紹介]
●西村敏雄(にしむら としお)
愛知県生まれ。東京造形大学デザイン科卒。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。第1回日本童画大賞優秀賞受賞。絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカスはじまるよ』(福音館書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』『もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻』(偕成社)、『そこにいますか―日常の短歌』(岩崎書店)、『うんこ!』(文溪堂)、『どうぶつぴったんことば』(くもん出版)、『わらしべちょうじゃ』『いもいもほりほり』『アントンせんせい』(講談社)他多数。

【著者紹介】
西村敏雄 : 愛知県生まれ。東京造形大学デザイン科卒業。インテリアとテキスタイルのデザイナーを経て、絵本作家としての活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nakanaka さん

    読み聞かせ。みんなに慕われている獣医のアントン先生。とても心温まる絵本でした。登録数が少ないようですが、絵が好みだったしストーリーも良いし個人的には久々のヒットかな。

  • ぱお さん

    やさしいアントン先生、誕生日おめでとう!働きすぎに気を付けてね。

  • mntmt さん

    あー、ほのぼのしたー!

  • たまきら さん

    やさしい獣医さんのお話です。はっきりいってそれだけなんですが、画面に隠れる動物を探したり、たのしいんですよ〜。オタマさんはカメレオンさんにほっこりしてました。

  • やまほん さん

    【図書館本】アントン先生は動物のお医者さんです。往診の途中どこからか声がしますが、動物はどこでしょう。ほのぼのとしたやさしいお話です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品