おじいちゃんのごくらくごくらく

西本鶏介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784790251415
ISBN 10 : 4790251411
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27cm,32p

内容詳細

お風呂につかる時、口癖のように「ごくらく、ごくらく」と言うおじいちゃん。ゆうたに、「幸せな気持ちになること」だと教えてくれる。ふたりは一緒に温泉に行くはずだったが…。死別に出会う子どもを描く絵本。

【著者紹介】
西本鶏介 : 奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、創作、民話研究と、幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソルティ さん

    子供No.4が借りてきた。長谷川義史さんの絵本はいつも明るくおふざけで楽しい感じですが今回は少しシリアス。おじいちゃんが大好きでおじいちゃん子のぼく。最後病院に行ってすぐ帰るって行ったのにそのまま帰ってこない。お風呂に入って「ごくらく、ごくらく」って言ったのにほんとにごくらくに行っちゃった。泣けます。最後読む声が涙声になってしまった。

  • つくよみ さん

    図書館本:両親と息子。そしておじいちゃんの4人家族。共働きで忙しい両親に代わって、幼稚園に通う少年の面倒をみるのはおじいちゃん。そんなおじいちゃんに懐いて、何時でも、何をやるのも一緒。勿論、お風呂も。お風呂でのおじいちゃんの口癖は「ごくらくごくらく」そんな微笑ましい日常風景にも、何時か終わりが来て・・・おじいちゃんの表情がすごく優しくて、心から孫を可愛がっている様子がじんわりと伝わってくる作品。

  • ベーグルグル さん

    死を学ぶ絵本で紹介されていて手に取りました。読み聞かせをしていて「ごくらくごくらく」の響きに目を輝かせ楽しそうに聞いていましたが、おじいちゃんが仏様になったページで「そっかー、もういいよ」と泣きそうな表情を見て、私までもらい泣きしそうになり子供の前では我慢しました。小学校低学年の課題図書にもなったようです。大人にもオススメの一冊。「ごくらくごくらく」は幸せの合言葉。

  • アクビちゃん さん

    【図書館】お風呂に入れば「ごくらく ごくらく」 お茶を飲んだら「ごくらく ごくらく」が口癖のおじいちゃん。「ごくらく ごくらく」と呟くと幸せな気分になれます(^^)皆さんも、呟いてみてください♪本当の極楽に行っても楽しいもんですよね、おじちゃん!

  • 山田太郎 さん

    娘もじーちゃんえらく好きなので、泣けた。かわいそすぎだよ、この話。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品