向日葵のかっちゃん 講談社文庫

西川司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062930451
ISBN 10 : 4062930455
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;15

内容詳細

読み書きにも不自由するひまわり学級のかっちゃんを変えた、一人の教師との出会い。奇跡のように少年を花開かせた感動の実話物語。

【著者紹介】
西川司 : 1958年、北海道生まれ。ラジオ、テレビの脚本構成、児童小説、刑事小説など、ジャンルを問わずに活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    最後は目が潤んだ。著者の体験に基づく実話みたいだけど、父方の親戚をあんなに口悪く書いてしまっても軋轢は生じなかったのだろうか。そこだけ作り話?

  • はつばあば さん

    戦後まもなく…かっちゃんより年上の私。今思えば私も発達障害だったのだろうか・・。父も母も・・弟達でさえオール5以下など有り得ない!と言うのに私は時計が苦手だった・・未だに足し算も引き算も嫌い。婿殿のお陰で娘が出来のいい子に育ったとわかった時、母の姉・伯母が「あら、はっちゃんも賢かったんやね」と。母からさえも「この娘は預かり者で・・」みたいな事を言われていた。この本を読むまで私が発達障害であったなんて思ってもいなかった・・。私には森田先生はいなかったけれど、肢体不自由児という多くの友達が人生の指針となった。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    実話です。小5で森田先生がいる学校に転校するまで、著者は名前もちゃんと書けず、計算もできず特別学級に通っていた。転校した学校には特別学級がなく先生は春休み中かっちゃんに勉強や運動を教えてくれた。先生は決して叱らず、かっちゃんに分かるように教えてくれた。「ものを覚えるには頭でなく、体で覚えること」「あきらめないこと」「考えることの大切さ」かっちゃんは6年生ではオール5で児童会長に選ばれ卒業式に答辞を読む。用意した答辞ではなく自分の気持ちを。発達障害だったのだろうか。奇跡の物語、心が洗われます。

  • ぶんこ さん

    生涯の恩人となるような学校の先生に巡り会えたお話は大好きです。 しかも著者の実話だけに、森田先生に巡り会えて本当に良かったですねと拍手したい気分です。多分発達障害と思われる病気で、時計も読めず、文字も算数も運動も出来なかった司君。理解してくれる大人はおばあちゃんだけ。転校先の5年生になる春休み、森田先生に出会い、「勉強は考える事の手助けになる道具」と教えられ、初めて勉強する意味を理解し、国語、算数、跳び箱や逆上がりのコツと、努力する意味を理解してからの(かっちゃん)の変わりようが素晴らしい。感動しました。

  • ナミのママ さん

    1958年生まれ、脚本家の著者の自叙伝とのこと。今だったら「発達障害」「学習障害」と病気になってしまうのでしょうか。ちょっと変わった子どもだったかっちゃん。本人なりの理屈や疑問を伝えることができず、落ちこぼれだったかっちゃん。良い指導者に巡り合い、芽を出して、成長していく数年間の姿が書かれていました。・・・なんとなくお母さんの気持ちに共感してしまいました。兄弟を育てていたら、育てにくい子には辛くあたってしまいますよね、多分・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品