ゆみに町ガイドブック

西崎憲

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309020655
ISBN 10 : 4309020658
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
224

内容詳細

ここは、あの人が去った町。片耳のプーさんが走っているかもしれない町。そして雲マニアの失態で、危険な特異点が生まれつつある町…。日本ファンタジーノベル大賞受賞作家が贈る書き下ろし長編。

【著者紹介】
西崎憲 : 1955年、青森県生まれ。作家、翻訳家。2002年、『世界の果ての庭―ショート・ストーリーズ』で第十四回日本ファンタジーノベル大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しょこら★ さん

    なにこれー??ガイドブックというか…哲学ファンタジー?たまにふと、自分は誰かが読んでる物語の登場人物じゃないかとか、夢なんじゃないかとか、着せ替え人形なんじゃないかとか…考える、そんな感じ?超次元、永久ループ、メビウスの輪?不思議な物語(終わりはないけれど)だった。『現在は認知した瞬間に過去。』『完全に同時にふたつの音が鳴っているとすれば、それはひとつの音。同時に鳴っていると感じるには、べつべつに鳴るしかない。』難しいし、屁理屈くさいけどなんか納得。じゃあやっぱり別の音なのかな。

  • そうたそ@吉 さん

    ★★☆☆☆ 「世界の果ての庭」に似た構成のストーリーだと感じた。幾つかの物語が並行し小刻みに且つ入れ替わり立ち代わり進んでいく。読書家って、この手の構成のストーリーを見ると、どうしても最後に上手い具合に収束されることを期待してしまうが、これは最後まで交わるようで結局交わらないまま。このよく分からない不明瞭なストーリーから何を感じ取るかはある意味受け手のスキルに委ねられているといっても過言ではないが、個人的には別に「なるほど」というほどのものを感じ取らなくとも、何かしら「いいな」と思えればそれでいいと思う。

  • シュエパイ さん

    気が付いたら、読み始めてから1年たっていました。男でもなく女でもなく、人間でも背高でも麝香鼠でもない、クリストファー・ロビンを探し続けるプーの姿に、町を覆う揺らめく幻想の姿に、なんだかずっとずっと惑わされ続けて。読んでは戻り、忘れてはまた思い出しながら、この町をさまよい続けました。最後のページを閉じてなお、まだどこか心が道に迷っている気がします。不思議な町の、不思議なガイドブックでした。

  • mayu さん

    日常だと思っていたらいつの間にか理解しがたいものに取り囲まれている。3者が語る世界は、時々リンクし、お互いに足跡を残しつつも同時にゆみに町にの中にある。この3つの世界は、そうやってお互いの世界にちょっとずつはみだしながら存在していくのだろう。

  • miroku さん

    徐々に交錯する仮想と現実。認識こそが不条理であるのだ。日常こそが不条理であるのだ。整合性とは錯覚による産物である。・・・のか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西崎憲

作家、翻訳家、インディーレーベル主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド