よくわかる慰安婦問題 草思社文庫

西岡力

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784794219428
ISBN 10 : 4794219423
フォーマット
出版社
発行年月
2012年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
西岡力 ,  
追加情報
:
289p;16

内容詳細

かつて日本は朝鮮半島の女性たちを「強制連行」して「性奴隷」にしていた!?―九〇年代に突如として巻き起こったこの「慰安婦問題」は、さまざまな検証を経て、真実ではなかったことが明らかにされている。にもかかわらず、繰り返し日本非難の火の手はあがり、日韓関係の根幹をゆるがす事態にまで発展しつつある。なぜこのようなことになったのか。そもそも「慰安婦問題」とは何か。日韓・日朝関係の専門家が問題の核心と真実とを明快に解き明かす。

目次 : 第1部 慰安婦問題とは何だったのか(従軍慰安婦訴訟の主役/ 「強制連行」はあったのか?/ 慰安婦問題のウソ/ 日本外交の失態)/ 第2部 誰が慰安婦問題をつくりあげたのか(世界に広がる「性奴隷」のイメージ/ 日本非難が始まる!)/ 第3部 韓国で再び燃え上がった慰安婦「反日」の真相(詐欺で摘発された遺族会会長/ 韓国憲法裁判決で復活した吉田証言/ 李明博の反日パフォーマンスと背後にうごめく北朝鮮の工作/ 日韓の自由民主主義勢力がなすべきこと)

【著者紹介】
西岡力 : 1956年、東京生まれ。国際基督教大学卒業。筑波大学大学院地域研究科修了(国際学修士)。韓国・延世大学国際学科留学。1982〜84年、外務省専門調査員として在韓日本大使館勤務。1990〜2002年、月刊『現代コリア』編集長。現在、東京基督教大学教授。「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keyua さん

    日本軍が慰安婦に対して強制連行を行った事実があるかどうか。吉田清治氏の強制連行説、宮沢喜一首相の謝罪、河野内閣官房長官の慰安婦関係調査結果の根拠を調べ追求されている。強制連行は証明されていないという立場での意見。同意の上とはいえ、慰安所の生活が悲惨な条件であった事は事実で、それを強制連行でなかったので問題はないこととして済ませて良いものか、慰安婦問題について考えさせられました。

  • よしひろ さん

    従軍慰安婦の真相はどうだったのか。残念ながら、戦争時に軍による強姦などの残虐行為がしばしばある。その事実に対して、今の日本人がどう向き合うか。世代が違えど尾を引く問題であるならば、正視して考えていくことも大切。ただし、何でもかんでも謝ったり、賠償金は払っていると主張するのは、国際社会で日本が認めたと見なしても無理はない。被害者はあることないこと申したてる時があるのだから。その辺の事実関係の整理をする必要がある。日韓基本条約は日本にとって諸刃の剣にもなりうる。

  • Terry Knoll さん

    朝日新聞が、従軍慰安婦報道を取り消す前(2014年8月5日)に出版された本。 調査の上で「強制連行の事実を裏付けがない」すると、同時に反論すべき点も反論せず、日本政府のその場逃れての謝罪外交も非難しています。

  • しろくまZ さん

    慰安婦問題について非常に分かりやすく書かれている。現在、安倍政権が成立して数ヶ月だが河野談話の見直しは出来そうになく、状況の深刻さがうかがわされる。この問題の背後には北朝鮮の影があるというが、それが狙い通りになり、日韓関係は既に修復不可能だろう。多くの日本人が「爆発寸前」ではないだろうか?

  • kouki_0524 さん

    吉田という男のいい加減な著作に端を発し、朝日新聞の記者によって拡散された、慰安婦に関する謝った見解を冷静に分析した本。力作であり、この問題に対する姿勢をニュートラルにしてくれる。 しかし、この本で批判されている吉見氏をはじめとして、吉田とは別の証言が研究されており、日本軍の関与なしとするのは難しい気もする。深く理解するには、いくつかの文献を読む必要がありそうだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品