生命の経済 生命の教養学 16

西尾宇広

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766426762
ISBN 10 : 4766426762
フォーマット
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
245p;21

内容詳細

「生命」の意味を限りなく広く捉えていく「生命の教養学」。今回のテーマは「生命の経済」。私たちが生きていくために経済は欠かせない。しかし、ときに私たちの生命そのものが経済のプロセスに組み込まれ、その手段として利用されることもある。そんな生命と経済の密接で危うい関係に、科学哲学、ケミカルバイオロジー、臨床心理学、行動経済学、環境化学、数理ファイナンス、政治人類学、政治哲学、ジェロントロジー、イギリス近世史、フランス文学といったさまざまな角度からアプローチし、問題の核心を読み解いていく。

目次 : 「生命の経済」という視点からみた人間の特異性―「協力の哲学」に向けて/ 1 心と体の経済学(なぜ体は“無駄”だらけなのか?―タンパク質の翻訳後修飾/ 心的エネルギーのダイナミズム―“無意識”に光をあてる/ 行動経済学とビッグデータから探るヒトの意思決定と行動―脳に埋め込まれた過去の遺物を理解し、よりよい行動を起こさせるには?)/ 2 生と死の経済学(生と死と環境基準/ 生きるリスクと死ぬリスク―寿命と向き合うファイナンス/ 動物の生死と人類―屠畜と肉食の文化人類学)/ 3 互助と互恵の生物学(互恵的な社会が生まれるまで―アリストテレスに学ぶ政治と経済/ 誕生と加齢の経済学―社会はなぜ助け合うのか?/ 生命の経済史―資本主義と公共善/ 生命から学ぶ社会の成長と消費―バタイユ「全体経済」再考)

【著者紹介】
西尾宇広 : 慶應義塾大学商学部准教授。1985年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(ドイツ語学ドイツ文学専修)、博士(文学)。専門は近代ドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品