ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い NHK出版新書

西寺郷太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784140884676
ISBN 10 : 4140884673
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
追加情報
:
205p;18

内容詳細

チャリティ・ソングの金字塔がアメリカン・ポップスの青春を終わらせた?

1985年に発表された「ウィ・アー・ザ・ワールド」は、全米のスターたちが飢餓救済のために集ったチャリティ・ソングの金字塔として名高い。しかし、もしこの曲がアメリカン・ポップスを「終わらせた」張本人だとしたら……。

映画音楽に始まるポップスの歴史をやさしくひもときながら、奇跡の楽曲が生まれた背景、その後にもたらされた「呪い」の正体を検証する。

80’sの語り部・西寺郷太が放つ渾身の一冊!

【著者紹介】
西寺郷太 : 1973年生まれ。ノーナ・リーヴスのシンガーとして活動する傍ら、作詞・作曲家、プロデューサーとしても注目を集める。また、80年代音楽に関する執筆活動でも人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    タイトルの呪いという表現はどうかと思うが、ウィー・アー・ザ・ワールドがアメリカン・ポップスの一つの頂点だったんだなというのはわかった。しかしいろんな思惑があったがそれを乗り越えて一つの作品が出来たのは素晴らしいことだったんだろうなと思った。

  • Mijas さん

    ストリーミング・サービスの時代、音楽は「所有」するものではなくなった。有象無象に音楽がある中、感動に導いてくれる音楽は何なのか。著者はアメリカのポップスの歴史を紐解き、1985年に発表されたWe are the worldに注目する。アフリカの飢餓を救うという大義名分のもとにチーム・アメリカが作られる。それは白人スターと黒人スターが手をとり合うという、人種間の融和を目的としていた。壮大なこの企画の舞台裏は興味深い。誰がソロを歌ったか…改めて曲を聴いて確認したり「一つの音楽」の意味するところを考えたりした。

  • Koning さん

    自身も音楽家で文章も書くという著者ならではの1冊か。80年代のアメリカのポップスがこの1曲で究極の一発屋状態を作り出した呪いの発動は面白かった。「ブルーススプリングスティーンなんざあれだよね」なノリはうん、あったあった(笑)個人的にはBandAidの二番煎じでつまんねー曲じゃないですか、やだー(でもシンディーのトコは好き)とかしょうもない感想を当時抱いてたので(今でもDo they know its christmas?はカラオケで歌うぐらい。

  • まるほ さん

    ほとんど洋楽には疎い私ですが、『We are the World』はハマりました。メイキングビデオも興味深かったですね。マイケル・ジャクソンを筆頭に、アメリカポップス界の凄さを見せつけられた作品(イベント)でした。▼久しぶりにYou tubeで映像を見て、この本に興味をひかれました。前半のアメリカポップス界の流れの部分は読み飛ばしましたが、第3章「ウィ・アー・ザ・ワールド徹底研究」以降は、興味深く読みました。やはり前人未到のイベントであったのですね。

  • GAKU さん

    1985年に発表された「ウィ・アー・ザ・ワールド」。私の大好きなアーティストが多数参加しており、当時メーキングビデオを購入し何回も観ました。そんな「ウィ・アー・〜」のエピソードが色々と書かれています。プリンスは声をかけられていたが、結局来なかった。マドンナはレコード会社同士の確執で誘われていなかった?ニューヨーク州でコンサートツアーを敢行したばかりのスプリングスティーンは、ロサンゼルス空港から自分でレンタカーを運転してスタジオまで来た。等々。この当時の洋楽好きの方には、面白く読める1冊ではないでしょうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

西寺郷太に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品