まく子

西加奈子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834082388
ISBN 10 : 4834082385
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
追加情報
:
253p;20

内容詳細

西加奈子が全ての子どもたちと大人たちへ贈る、直木賞受賞後初の文芸作品!

小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいた。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちが恐ろしかった。そして、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。そんなとき、コズエがやってきたのだ。コズエはとても変だけれど、とてもきれいで、何かになろうとしていなくて、そのままできちんと足りている、そんな感じがした。そして、コズエは「まく」ことが大好きだった。小石、木の実、ホースから流れ出る水、なんだってまきちらした。そして彼女には、秘密があった。彼女の口からその秘密が語られるとき、私たちは思いもかけない大きな優しさに包まれる。信じること、与えること、受け入れること、変わっていくこと、そして死ぬこと……。この世界が、そしてそこで生きる人たちが、きっとずっと愛おしくなる。

西加奈子、直木賞受賞後初の書き下ろし。究極ボーイ・ミーツ・ガールにして、誰しもに訪れる「奇跡」の物語。

【著者紹介】
西加奈子 : 1977年テヘラン生まれ。2004年『あおい』(小学館)でデビュー。07年『通天閣』(筑摩書房)で第二四回織田作之助賞、13年『ふくわらい』(朝日新聞出版)で第1回河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』(小学館)で第152回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    西加奈子はマイブームの作家です。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、図書館のシステム変更に伴う配本の遅れから、ようやく読めました。中篇のため前作「サラバ!」ほど読み応えはありませんが、心身共に大人に成長する微妙な時期の感性を瑞々しく見事に描いています。本作は、スピリチュアルSF純情成長物語って感じです。「まく子」って変な名前だなって思っていましたが、「撒く子」だったんですネ。西加奈子の独特の感性の挿絵も良い味を出しています。

  • 風眠 さん

    私たちは、光の粒。小さな小さな粒々が、私たちを実体として形作っている。その小さな光の粒々は、日々形を変え、新しい何かを吸収し、光りながら闇と無に溶けて消えていく。目には見えない魂というものだけを残して。その魂は刻まれてゆく。蓄積され、形を変え受け継がれていく。少年の成長物語という枠を越え、この世界を形作っている、これは素粒子と森羅万象の宇宙という壮大な物語だ。難しいことを簡単な言葉で、でも的確に私たちに伝えてくれる西加奈子はやっぱりすごい作家だ。粒々を交換しあって、私たちは今、生きている。今を生きている。

  • takaC さん

    爆風スランプの「転校生は宇宙人」みたいな話だった。夏休みが終わるまで(200ページぐらいまで)はそんな話だとはまったく思いもせずに読んでいたので最後はおったまげた。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。思春期の少年が心と体が成長して幼いながら葛藤していく様を描いてました。人はいつか死ぬ、でも死に向かって生きていく訳ではない。永遠に続かないから素敵なんだ・・。素晴らしい人生観を語った作品でした。

  • ❁かな❁ さん

    西加奈子さんは本当に温かい*読みながらとても大きな愛に包まれて、大切なことを教えられました♡西さんの作品を読むのは21作目。直木賞受賞後初の書き下ろし長編。後半いくつものシンプルで深い言葉に何度も涙が溢れました。温泉街に住む小学5年生の慧。綺麗で不思議なコズエとの出逢いがあり、子供から大人へと成長していく少年の不安、葛藤など丁寧に描かれていく。永遠でないからこそ素晴らしい、その瞬間が大事、奇跡なんだと改めて思いました。装丁の仕掛けも素敵!信じること、受け入れることの大切さを感じる壮大でとても優しい物語*

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

西加奈子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド