ファイナルガール

藤野可織

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594070281
ISBN 10 : 4594070280
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
203p;20

内容詳細

「佐藤って、ああいうムキムキの男がタイプなの?」「私は下が見たいの。せっかくの屋上なのに」「なあ、ムキムキの男がタイプなの?」「だからプファイフェンベルガーのはなしをするのはいやなんだよ」「おまえがはじめたんだろ」(「プファイフェンベルガー」より)。芥川賞作家が贈る恋愛小説集。

【著者紹介】
藤野可織 : 京都府生まれ。2006年、「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞受賞。2013年、「爪と目」で第149回芥川龍之介賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ❁かな❁しばらくお休みします。 さん

    藤野可織さん作品を読むのは2作目。『おはなしして子ちゃん』でとても独創的な世界観に衝撃を受け他の作品を読んでみたくなりました!今作も不気味だったり怖かったり、グロかったりして藤野ワールド全開でした(笑)スゴイ☆好き嫌い完全に別れる作品だと思います^^;読みながら怖い〜、もう読めないって気持ちと続きが気になり読み進めたい気持ちがあり、怖いのに読みやすく一気に読んでしまう感じです!7編の中で『大自然』のみ青春って感じでした。『プファイフェンベルガー』『狼』『ファイナルガール』怖いけどパワフルで面白かったです★

  • なゆ さん

    あいかわらず何だかよくわからん勢いあふれる話が7つ。楽しくたっぷり堪能させていただきました。しかし、恋愛小説集という感じではないような…!?冒頭の「大自然」だけは、かすかな恋のようなものは感じるけど。現代男の子版赤ずきんちゃんの「狼」のスリリング感と最後のしぼみ方が好きだ。「ファイナルガール」、あんな凄まじい人生はイヤだ…。一番好きなのは「プファイフェンベルガー」。老婆のバレリーナが出てくるあたりから何かが加速していく感じがゾクゾク!脳内映像、シュールすぎて怖い。夢に出て来てうなされそう

  • ちゃんみー さん

    7編からなる短編集。初読み作家さんなんですけど、何処かで名前を見たことあるなぁと思ってたら、昨年の芥川賞とった作家さんなんですね。なるほど、芥川賞らしい作品でした。まるで国語のお勉強のような文章でやはりこの手の本はアホな私には合わないみたいです。少しホラーっぽい感じとでも言っておきましょうか。

  • らむり さん

    いやぁ〜良かった。藤野さんワールドを存分に堪能できましたー。特に、「狼」と表題作が好き。藤野さんファンには満足の1冊だと思います。帯には恋愛小説集と書かれてますが…。

  • cryptoryou さん

    不思議でゾッとさせられるバラエティー豊かな短編集、「去勢」「プファイフェンベルガー」「戦争」が好みでした。藤野可織さんの作品の中では、以前読んだ『おはなしして子ちゃん』のほうが不気味さと衝撃は強かったけど、今作も変わらずクセになるシュールな描写と、独特の世界観満載で面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤野可織

1980年、京都府生まれ。2006年、「いやしい鳥」で第10回文學界新人賞受賞。13年「爪と目」で第149回芥川龍之介賞受賞。14年『おはなしして子ちゃん』で第2回フラウ文芸大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品