東京都における児童相談所一時保護所の歴史

藤田恭介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784784517374
ISBN 10 : 4784517375
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;22

内容詳細

目次 : 序章 頑張れ!一時保護所/ 第1章 創成期の一時保護所―明治5年〜昭和20年まで/ 第2章 新しい児童相談所の設立―昭和20年〜昭和28年まで/ 第3章 復興する児童相談体制と一時保護所―昭和28年〜昭和49年まで/ 第4章 充実する児童相談体制―昭和50年〜平成6年/ 第5章 変革期の児童相談所一時保護所―平成6年〜平成24年/ おわりに 各時代の一時保護所をめぐる総括

【著者紹介】
藤田恭介 : こども教育宝仙大学こども教育学部幼児教育学科教員。1950年、静岡県生まれ。1973年4月、東京都民生局(現、福祉保健局)に福祉指導職として入都。知的障害児施設、養護施設(現、児童養護施設)、教護院(現、児童自立支援施設)、児童相談所などに勤務。2015年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろか さん

    一般の人が読むようなものではない。児童相談所が一時保護機能から始まったというのは初耳。だから、昔の児童福祉司と今のそれが異なるイメージであることにも通じる。古い文書を丁寧に整理された著者に頭が下がる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品