豊臣秀次 人物叢書

藤田恒春

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784642052733
ISBN 10 : 4642052739
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;19

内容詳細

織豊政権時代の武将・関白。豊臣秀吉の実姉の子に生まれ、三度目の養家先として跡継ぎのいない秀吉に迎えられる。秀吉から関白職を譲られると、聚楽第にあって学文の奨励や古典蒐集などを行なうが、秀吉に実子秀頼が誕生後、高野山に追放され果てる。妻子を巻き込む惨劇となった「秀次事件」の真相と影響を探り、叔父秀吉に翻弄された生涯を描く。

目次 : 第1 生い立ち/ 第2 三好氏時代/ 第3 八幡山城主/ 第4 関白一門として/ 第5 尾張清須城主/ 第6 関白就任/ 第7 太閤と関白/ 第8 秀次事件の真相とその影響/ 第9 秀次像の形成

【著者紹介】
藤田恒春 : 1952年生まれ。1979年関西大学大学院博士課程前期課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 浅香山三郎 さん

    豊臣秀次といふ謎が多い人物について、確実な史料を用いて論じた堅実な評伝。 秀次自らの書き残したものや、言動の記録が限られるが故に、なおさら、死の謎は深く、秀吉の怖さが強く印象に残る。

  • 未到散人 さん

    今、現実に目の当たりにしている任命権者の責任と同じ。適材適所が出来なければどんな組織ももたない。ごく普通いや標準以下の人物に任せようとするのが無理だったというしかなさそう。しかしいつの世も冤罪、でっち上げのすさまじいこと。

  • うしうし さん

    土曜日に購入。面白いので、日曜の朝までに読了。「秀次の汚名を雪ぐ」のではなく、「ありのままの秀次を描き出すこと」を目的に書かれたという。執筆者が描いた「ありのままの秀次」は凡庸な一青年でしかなく、部将としての器量はもちろん、これまでの研究史で注目されつつあった秀次の政治手腕や文化事業についても、ほとんど評価しない立場を採られている。執筆者が秀次に向けた大変厳しい目が、逆に印象的であった。

  • Emi Jinguji さん

    豊臣秀吉の姉の子として生まれた為に、本人の意思や素質とは全く関係無く、秀吉の手駒としての一生を送らなければならなかった秀次。江戸時代以降の史書では酷評されまくりの秀次の実態を描こうとしたのが本書。彼の汚名が雪がれた訳ではないが、強烈な叔父に振り回され続けた境遇に同情してしまう。

  • MUNEKAZ さん

    悪名も過大評価も取り除いて公平に見てみたら、出てきたのは「普通の人」だったという感じ。比べるのが豊臣秀吉という「異常な人」だから余計にそう感じられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品