現代アート、超入門! 集英社新書

藤田令伊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204841
ISBN 10 : 4087204847
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
18cm,204p

内容詳細

鑑賞しようにもわからないことが多すぎる、現代アートの「わからない」を初心者の目で徹底解剖。様々な作品を俎上に載せながら、難解な解釈から解き放たれた「よくわかる」現代アートとの付き合い方、鑑賞法を探る。

【著者紹介】
藤田令伊 : 1962年生まれ。アートライター、アートエッセイスト。大手出版社の書籍編集者、雑誌編集長を経て、現職。元編集者のキャリアを活かした文章は「読みやすい」「わかりやすい」と定評があり、アート雑誌やウェブなどで健筆をふるう。「フツーの人」の立ち位置を大切にアート界とファンを橋渡ししている。アートポータルサイト「フェルメール美術館」主宰。アート鑑賞集団「プラスリラックスアートクラブ」スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コットン さん

    セザンヌが「近代絵画の父」と言われたわけや、コンセプチュアルアート(考え方を問う概念のアート)とレディメイド(すでにあるものを利用する手法)を作ったデュシャンの考え方など、現代アートをわかりやすく・興味深く解説した良書です。アート好きの人に一読をおすすめします♪

  • Aster さん

    面白い。現代アートは単に何でもありになったわけではない。しかも読者目線で語ってくれるのですらすら読める。これは…良い本です。

  • akihiko810/アカウント移行中 さん

    現代アートがわからない人向けの入門書。マティスに始まる現代アートの潮流について、代表的な作品を挙げながら、それらを実際に読み解くことで順に解説していくスタイル。印象度B+  野獣派(フォービズム)のマティス、ピカソ、そして便器をアートにして「アートとは何か」を問うたデュシャンという大まかな流れ。「コンセプチュアルアート(概念のアート)」なんてもはや金掛けた大喜利状態になってるもんな。厳密にいえば違うのかもしらんが。アンドレ・セラーノ「ピス・クライスト」(キリスト像に小便をかけた作品)なんて大喜利じゃん

  • とりあえず… さん

    確かに現代アートは難しい。もっと言えば、古典でも、その作品に価値があるか否かを見極める審美眼だって私は持ち合わせてはいない。だけど、別にいいと思うんです。どれを見て美しいと感じるか、心惹かれるかは人それぞれ。現代アートは意味不明のものや、攻撃的であったりするものもあります。私個人としては、やはりどんな形態であれ、美しさや癒し、昂揚感、そういったプラスの感情を引き出してくれるものに惹かれます。これを読んで、それでいいんだ。わからなくてもいいんだ。と思えました。

  • ひろ☆ さん

    現代アート入門編、きっかけに。この作品って良い?何を表現しているのかわからないと思った時にお勧め。好きに見ていいんだ。そして興味が湧けば、これってどういう意味があるんだろうって調べて知識を増やせばよい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤田令伊

1962年、奈良県生まれ。アート鑑賞ナビゲーター、大正大学文学部非常勤講師。企画集団プラスリラックス共同代表。鑑賞者の立ち位置を大事にしながらアートの愉しみを広げる活動に尽力している。独自の視点によるアート情報サイト「ARTRAY」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品