銀河英雄伝説 13 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088912257
ISBN 10 : 408891225X
フォーマット
出版社
発売日
2019年03月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

帝国内乱が平定したのも束の間、これまでラインハルトとキルヒアイスの間にあった無二の信頼が音もなくひび割れていく。そして、その後、ラインハルトに最大の悲しみが訪れる――。一方その頃、時を同じくして自由惑星同盟側にも内戦の兆しが……!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • オスカー さん

    とうとう「この日」が来てしまいましたねぇ………(´-ω-`) 最初からこれは赤毛さんファンにはキツいでしょう。アンスバッハが好きでごめんなさいm(__)m

  • 柏バカ一代 さん

    キルヒアイスが死んじゃった。 同盟側はクーデターが勃発。首謀者はグリーンヒル大将‥そのショックを娘は色ボケで克服するw

  • ぐっちー さん

    登録漏れ。さらば、遠き日。原作、漫画、アニメ、どれを取っても、何回読んでも、心が痛い。あの瞬間にラインハルトは美しき少年時代を永遠に失った。一方、時は遡り、辛辣な策謀によって同盟ではクーデター勃発。こちらも大きな転機を迎える。彼らは自らの意思でクーデターを実行したつもりだが実は手の平で躍らされている。ビュコック爺さんとヤンとユリアンがフィッシュアンドチップス食べながら作戦会議するエピソードがないのが残念!!!深刻な話が続いているはずなのに、ヤンの「君がいないと困る」に全て持っていかれる。

  • Kei Ogiso さん

    原作は好きなので、話の展開は分かっているのだが、この巻は悲しい。大事な人を永遠に失う喪失感は、渇きは、銀河を支配する力でさえも埋めることが出来ない。唯一それを癒すことが出来るのは、敵の知将との闘いしかないとは。いつか原作も再読したい。

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    この日がやってきたか…孤独な旅が始まったな…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品